副業で笑おう

会社員や主婦、学生など、ダブルワークでお金を稼ぎたいすべての方のために。
副業情報や税金に関する知識など、お金にまつわる役立つ情報を発信していきます。

  1. 副業TOP
  2. 起業・独立
  3. 起業するならどっち?フランチャイズによる起業と個人での起業
ARTICLE

起業するならどっち?フランチャイズによる起業と個人での起業

コンビニやファミレスなどに関係してよく聞くであろう「フランチャイズ」という言葉。消費者の立場からすると、利用する店舗がフランチャイズであろうがなかろうが気にする必要はありませんが、小売店や飲食店で起業を考えている人の場合、フランチャイズを利用するか否かでそのビジネスは大きく変わってくることをご存知でしょうか?この記事では、フランチャイズのメリットやデメリットなどについて解説していきます。

フランチャイズとは?

フランチャイズのチェーン店という業態は非常に身近な存在です。そうしたお店は街のあちこちで営業していますが、個人経営のお店とどう違うのか、詳しく解説します。

そもそもフランチャイズとは、親企業が加盟店に対して商号・商標の使用許可とともに与える独占販売権の事を意味します。業種としてはコンビニやファミレス、ファーストフード店などが当てはまります。フランチャイズでビジネスを始めることで、本部からパッケージングされたノウハウやサービス、商品を伝授してもらい、ブランドを使わせてもらう事が出来ます。その見返りとして、お店の利益の一部を本部に支払うのです。

例えばコンビニのような弁当から雑誌まで扱う小売店を個人で始めようとすると、次のようなことを自分自身で行わなくてはなりません。

・お店自体の建築費
・お店の外観のデザイン
・弁当やお菓子など食料品、雑誌や生活消耗品等の仕入れ先の開拓
・冷蔵庫や陳列棚などの設備投資
・広告宣伝活動
・開業する上での法律上の手続きや事務処理
・人を雇う上での各種事務処理

ぱっと思いつく限りでも相当に大変な仕事が待ち構えている事がわかるでしょう。街のあちこちにあるチェーン店であっても、経営の裏には膨大なノウハウがあり、物流のネットワークで結ばれているのです。フランチャイズ店と同じことを個人経営者がゼロから作るのは簡単ではないのです。

フランチャイズのメリット

では、フランチャイズのメリットを詳しく見ていきましょう。

●ノウハウがなくとも始められる

フランチャイズに加入することで、経営ノウハウや商流、ブランドの信用を本部から伝授してもらうことが出来ます。本部は加入店からのロイヤリティ(フランチャイズ料)で稼いでいるので、加入店のビジネスが成功することが本部の成功につながるからです。加入店が成功し、オーナーが儲かる事が知れ渡れば更にフランチャイズに加入したがる人も増えて、ますますビジネスが大きくなるというわけです。

全くノウハウの無い人が起業する際に、フランチャイズという業態を選ぶのは非常に手堅いといえるでしょう。

●集客を見込みやすい

フランチャイズでは既にビジネスのブランドが確立しているため、集客を見込みやすいです。どこに行っても同じものを扱って同じクオリティが保障されているから、新しく出来たお店であっても、顧客は安心感を持って利用してくれます。

街に新しく出来たファミレスが他の街で長年営業しているファミレスと比較して料金が高かったり、味が違うということは基本的に起こりえないのです。

●資金調達がしやすい

フランチャイズは経営上のバックアップだけでなく、資金調達面でのサポートもしてもらえるというメリットがあります。

お店の開業に伴う初期投資費用を一括で支払うことができる新規オーナーはなかなかいません。プランにもよりますが、本部から融資先を紹介してもらったり、相談の上で返済計画をつくり、ビジネスをしながら返済していくケースがほとんどです。

●本部からのさまざまなサポートを受けられる

開業時の資金面の相談以外にも、様々なサポートが受けられます。例えばビジネスの研修を受ける事ができたり、お店の光熱費の一部負担や経営アドバイスなど、フランチャイズ加盟店が成功できるように様々な支援があります。

フランチャイズのデメリット

このようにメリットの大きなフランチャイズですが、一方でデメリットもあります。

●ロイヤリティを払う必要がある

加盟店は本部にロイヤリティを払う必要があります。これは、既に確立されたブランドや商流を使ってビジネスをすることに対する見返りとして支払う費用のことです。ロイヤリティは売上総利益の〇%といった形で課せられるので、利益が大きくなれば比例して支払額も大きくなります。

これに対して個人経営のお店は利益が全部自分のものになります。

●運営に関する制限がある

既存のブランドを使っているという事は、完全に自由な経営はできないことも意味しています。極端な例ですが、特定のセブンイレブンのお店だけが突然自動車を売り始めることはありません。共有財産であるブランドイメージを棄損しないよう、フランチャイズには様々な規約があるからです。

また、本部が展開するキャンペーンに連携して、特定の商品を集中して販売するようにという通達が発生することもあります。キャンペーンはチェーン店が一斉に行うからこそ販売力が強くなるので、自分のお店だけ早く売るとか、安く売るとか、そもそも参加しない、という選択肢は無いのです。

経営スタイルが画一化されているという事は、ビジネスの安定と引き換えに個人の裁量が減る事でもあります。起業するからには自由に経営がしたいという人にとって、フランチャイズは窮屈に感じるかもしれません。

●加盟したブランドの影響を受けやすい

何らかの不祥事でブランドのイメージが悪くなると、全加入店のイメージも悪くなりますし、その逆もあり得ます。良くも悪くもフランチャイズは全店舗が同じように影響を受けるのです。

●契約期間中での事業終了に一定の条件がある

個人でお店を始めた場合は、いつお店を畳もうと自由ですが、フランチャイズの場合は契約に縛られます。開業時から様々なサポートが得られるフランチャイズでは、契約期間中に閉店する場合、一定額を支払うなどの条件があるのです。

なぜならば、開業サポートの時点では本部は赤字だからです。サポートを受けたオーナーが成功して継続的にロイヤリティを収めてくれるからこそ、先行投資をするのであり、すぐに辞められてしまっては困るというわけです。

この点については、全てのフランチャイズで開業時に詳しく説明されます。オーナーが知らされていないという事はありえませんが、注意しておきましょう。

まとめ

このように、手厚いサポートと積み上げられたブランドを使えるフランチャイズと、自由に経営できる個人経営店では大きな違いがあります。

利用者にとっては意識する必要がないことですが、起業する視点からは全く別物だと言ってもいいでしょう。

ただし、どちらも一長一短があり、完全にどちらが業態として勝っているとは言えません。あくまでもどのようにビジネスを行いたいか、という経営者の意思が重要となります。

また、資金面でのサポートが受けられるフランチャイズとは言え、開業資金が無料というわけではありません。個人経営店でもフランチャイズでも一定の開業資金が必要です。そこで、どちらにするか決めかねていたり、初期投資をかけたくないという人は、しっかりと方針が固まるまでは、元手がかからず一人で出来る副業から始めることをおすすめします。

何よりも大事なのは失敗してもダメージが少ないビジネスでスタートを切る事です。始める前にいくら悩んでも経験を積むことは出来ません。実際に動きながら学習していったほうが効率良いですし、得るものが多いでしょう。

  • Share on Google+
  • はてな

関連記事

オススメ記事