副業で笑おう

会社員や主婦、学生など、ダブルワークでお金を稼ぎたいすべての方のために。
副業情報や税金に関する知識など、お金にまつわる役立つ情報を発信していきます。

  1. 副業TOP
  2. 副業の始め方
  3. 副業初心者必見!経費の基本的な考え方
ARTICLE

副業初心者必見!経費の基本的な考え方

普段から何気なく使っている「経費」という言葉。実は経費というものは、支払う税金などを左右するものであり、副業をしていく上で非常に重要なものであることをご存知でしょうか?そこで今回は、経費の基本についてご紹介していきます。

経費の基本的な考え方

副業を始めたばかりの方が知らないと損をするのが経費の扱いです。経費とはビジネスをしていく上で必要な費用の事です。

例えばオークションなどの物販を行った場合、商品の仕入値は経費になります。また仕入れの必要がない仕事、例えばアフィリエイトなどの副業であっても、通信費や電気代などは厳密には経費となります。

このように、少額であっても発生した売上に経費を計上することで、純粋に儲かった金額が算出できます。確定申告をする際には、必ずこの経費を算出した上で申告をしていかなくてはなりません。そうしないと必要以上に税金が課せられるので、大きな損をこうむります。副業を始めたら稼ぐ金額ばかりでなく、稼ぐのに必要な経費を意識しましょう。副業といえどもコスト感覚がなければ成功できません。

それでは、経費計上の前提について見ていきましょう。副業で経費を計上するには、年間で20万円以上の売り上げが必要です。本業の給料とは別に20万円の収入がある人は確定申告をする必要がありますが、年間の副収入が20万円未満であれば確定申告は不要なので、副業分の税金を払う必要はありません。逆の言い方をすると、売上が無い状態で経費を計上することはできません。

また、売上から経費を差し引いて赤字になった場合は確定申告をしなくても良いのですが、これはおすすめできません。これはつまり、利益が発生している事自体を報告しないという意味であり、無申告の疑いをかけられてしまいます。税務署から追求をされたときにしっかりと説明できなければ、最大で1.4倍の追徴課税が発生するリスクもあるのです。

そのため、確定申告を避けるために必要以上に経費を使ったり、嘘の経費を計上したり、売上自体をなかったことにするのは絶対にやめましょう。

どのようなものが経費になる?

もう少し具体的に経費について見ていきましょう。経費として計上できるものにはいくつか種類があります。

●経費になるもの

行っている副業の形態によって異なりますが、大きく分けて下記の費用は経費となります。

<ビジネス全般>
・副業用のパソコンやプリンタ等
・副業用のスマホ代
・インターネットの通信費
・電気代
・電話代
・副業に必要なソフトウェアやアプリ代
・プリンタ用紙やインク代などの消耗品費
・顧客との打ち合わせの飲食費
・移動にかかる費用
・仕事に関係する本や雑誌の費用
・文房具代

<物販系ビジネス>
・商品の仕入れ値
・商品を保管する場所を借りた場合の家賃
・商品の発送の費用
・商品の包装の費用
・発送係などを雇った場合の費用

<その他のビジネス>
他にもFXや株式をはじめとする投資系の副業やアフィリエイトビジネスなどにおいては、下記のようなものを経費に計上することができます。

・勉強会やセミナーへの参加費
・トレーディングツールの費用
・コンサルティングの依頼費
・有料サロンの会費
・レンタルサーバー代
・インタビューなどの取材にかかる費用
・ドメイン取得代
・メルマガスタンド運用費
・イラストや文章など様々な作業を外注する費用

確定申告をする際、これらの費用は簿記のルールに従って、旅費交通費や新聞書籍費、交際費などの項目に仕分ける必要があります。

プライベート用のスマホと仕事用のスマホを分けている場合は、仕事用のスマホに関する費用は全て経費になりますが、そうでない場合、どれだけを仕事に活用しているのかを分けていく必要があります。ただ、厳密に使用時間で分けることは難しいので、毎月の支払額に対して割合で計上します。どのように分けるべきか悩む場合は、税理士など専門知識を持った人に相談してみると良いでしょう。税務署では定期的に無料相談を受け付けているので、悩んだら訪問してみましょう。

●経費にならないもの

では経費にならないのはどのようなものなのでしょうか。それは、ビジネスをする上で必要とされないもの全般だと言えます。

よく間違えられやすい例としては、スーツや革靴、カバンが上げられます。これらはビジネスとして必須のアイテムと言えますが、プライベートにも使えるため、専門的な職業でない限り、基本的に経費計上は出来ません。

また、明らかに仕事に必須であるけれども、同時にプライベートでも使えるものに関しては確認が必要となります。例えば現地取材と称して家族旅行の代金を経費とするといったことも出来ないので、注意してください。

経費はクレジットカード決済がおすすめ

経費を正しく計上するためには領収書が必要です。領収書がなければ、確かにその金額で購入したという事が証明できないからです。その点、クレジットカードで決済をすると明細が発行され、後から確認がしやすいのでおすすめです。また、クレジットカードの場合は全て履歴が残るので証拠となります。

ただし、どんなクレジットカードでも良いわけではありません。最近はログインIDとパスワードを設定して履歴を閲覧するウェブ明細のみのクレジットカードも増えていますが、副業で使用していくことを考えると、書類の明細を発行してくれるクレジットカードの方がおすすめです。

もちろんウェブ明細でもPDFでダウンロードが可能ですが、印刷の手間やそのための費用が掛かり、負担が増えてしまうのです。その点、最初から書類で明細を発行してもらえば手間も省くことができます。

なお、クレジットカードは副業の経費専用として分けておくといいでしょう。プライベートで使用しているクレジットカードで経費精算すると、明細から経費とそれ以外を分ける手間が発生します。事務処理の面倒を減らすためにも副業用クレジットカードを作る事をお勧めします。

最後になりますが、クレジットカード自体の機能も重要です。ポイント還元率が高いカードを選びましょう。アマゾンや楽天は自社サイトで利用するとポイントが付くカードを発行しているので、どこで買い物をするかによってもふさわしいカードは異なります。

ポイントは現金と同じですから、仕事用に使っていれば年間1万円分くらいはポイントだけで買い物ができるようになります。

・副業用にクレジットカードを分ける
・紙の明細書を発行してもらう
・ポイント還元率が高い

これら3点を考慮してカードを選びましょう。

  • Share on Google+
  • はてな

関連記事

オススメ記事