副業で笑おう

会社員や主婦、学生など、ダブルワークでお金を稼ぎたいすべての方のために。
副業情報や税金に関する知識など、お金にまつわる役立つ情報を発信していきます。

  1. 副業TOP
  2. 変わった副業
  3. 慣れてしまえば楽?運転代行を副業にするメリット
ARTICLE

慣れてしまえば楽?運転代行を副業にするメリット

一口に副業と言っても、世の中には数多くの副業があり、一体何から始めれば良いかわからないという方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、多くの人が持っている運転免許を活用した副業です。そこで今回は、運転免許があれば誰でも簡単に始められる「運転代行」についてご紹介いたします。

運転代行とは

運転代行とは、飲酒をして車の運転ができなくなった人に代わって運転を行う仕事です。

具体的な仕事内容は、お客様から依頼があると二人一組になって現地へと向かいます。この際、一台の車に二人で乗ります。現地に到着すると、一人がお客様の車を運転し、もう一人が会社の車を運転してお客様が指定した場所へと向かいます。その際、お客様の車にお客様自身を乗せる決まりになっています。

料金は移動距離に応じて支払われることになります。

なお、お客様の車を運転するためには、自家用車を運転する第一種運転免許ではなく、第二種運転免許の取得が必要となります。そのため第二種運転免許を持っていれば時給が高くなることが多いという特徴があります。

給与の相場としては、第二種運転免許を持っていない場合は時給1000円前後、第二種運転免許を持っている場合は1500円前後となります。運転代行企業の中には歩合制を採用している会社もあり、その場合、売上げの30%〜40%を給料として反映されることが多いようです。

運転代行は、飲み会などで運転ができなくなった人に利用されることが多いので、主な活動時間は夜20時以降が多く、午前3時から4時頃まで働くこともあります。時給と労働時間を考えると、週に1〜2回のシフトでも月収5万円前後は稼ぐことが可能です。それほど難しい仕事ではないので、副業としては十分な収入と言えるのではないでしょうか。

飲み会は金曜や土曜日の夜に集中するため、日中は忙しい会社員の方でも空いた時間で始めることができます。

運転代行を副業にするメリット

運転代行を副業にするメリットは主に3つあります。

(1)日中忙しいサラリーマンでも始めやすい

上述したように、運転代行は金曜や土曜の夜によく利用されるサービスです。毎日コツコツ続けられる副業でしっかりと収入を確保したいと考える方には不向きな副業かもしれませんが、日中は仕事で忙しく副業をしている時間がない会社員にとっては始めやすい副業の一つと言えるでしょう。

また、本業やプライベートでよく車を運転する方にはまさにうってつけの副業ですね。本業の空いた時間を利用し、かつ車好きということであれば、第一に検討すべき仕事だと言えます。

(2)自由にシフトを組む事ができる

運転代行は出勤時間や出勤日を自由に組みやすいので、自分のペースで働きたいと考えている方におすすめです。

また、忙しいときは矢継ぎ早に依頼が来ることもありますが、暇な時間帯に営業活動をする必要はありませんので、気楽に働くこともできます。歩合制を採用している企業の場合、その分給料が減ってしまいますが、上記のように最低時給は1000円前後なので、全く稼げないということはありません。

このように自由度が高く働く事ができるというのが運転代行のメリットと言えます。

(3)チップをもらえることもある

運転代行を利用するお客様は、ほぼ全員が飲酒をしています。中にはお酒に酔って上機嫌になり、チップをくれるお客さんもいるようです。もし依頼主が企業の重役や気前の良い人であれば、高額のチップをもらえるなんてことも。もちろん、必ずもらえるというわけではありませんが、酔っている人を相手にする職業ならではのメリットと呼べるでしょう。

ちなみにチップをもらう事ができるのは、移動の際にお客様を助手席か後部座席に乗せる第二種運転免許を取得している人が多いです。

時給がアップするだけでなく、このような恩恵を受ける事ができるのも、第二種運転免許を取得するメリットと言えますね。

運転代行のデメリット

運転代行のデメリットは主に2つです。

(1)事故を起こしてしまった場合、自己責任となる

繰り返しになりますが、運転代行は主に金曜や土曜の深夜に行う仕事です。この時間帯は車が混みやすく視界も悪いため、非常に事故が起こりやすい時間帯と言えます。もちろん事故が起こらないように細心の注意を払う必要がありますが、それでも追突など不慮の事故に巻き込まれてしまうことはありえます。

運転代行はそうした場合に会社の保証がないことが多く、せっかく稼いだお金が事故によって消えてしまうということもあり得えます。副業だからと言って気を抜かず、集中して業務を行う必要があります。

(2)酔っ払いに絡まれる事がある

運転代行のメリットの項で、上機嫌のお客様からチップをもらう事があると記載しましたが、その逆に、酔っ払って気が大きくなってしまったお客様から理不尽な振る舞いをされる可能性もあります。

お客様から理不尽な要求を受けることは接客業に付き物ではありますが、酔っ払った人を相手にする運転代行はその可能性が高いということを念頭に入れておきましょう。

運転代行を副業にするのに向いている人

運転代行を副業にするのに向いている人は次の2種類の人です。

(1)車の運転が好きな方

普段から運転が好きという人であれば、自分が好きなことをするだけで収入を得られるというのは大変ありがたいことでしょう。そのため、車の運転が好きな人は運転代行に向いていると言えるでしょう。

(2)人と接するのが好きな方

運転代行はお客様を移動する際に様々な会話をする事があります。会話を円滑に進め、お客様に気に入ってもらえた場合はリピーターとなってくれる事があります。そうすると、歩合制の会社であれば安定して収入を上げられるようになるのです。

そうでなくても人と接するのが好きであれば、さまざまなお客様と会話をするのは楽しいものでしょう。よって、人と接するのが好きな人は運転代行に向いていると言えます。

運転代行を始める手順

運転代行は次の3ステップで始めることができます。

1. 運転代行を行なっている会社に登録する
2. 出勤し、お客様を目的地まで送り届ける
3. お客様から代金をいただく

運転免許さえあればすぐに始められる運転代行。副業として最大のメリットは金曜や土曜の深夜に仕事が集中するという特徴から、日中忙しい会社員でも始めやすいということでしょう。本業の空いた時間で収入を上げたいという方はぜひ検討してみてください。

  • Share on Google+
  • はてな

関連記事

オススメ記事