副業で笑おう

会社員や主婦、学生など、ダブルワークでお金を稼ぎたいすべての方のために。
副業情報や税金に関する知識など、お金にまつわる役立つ情報を発信していきます。

  1. 副業TOP
  2. お金を貯めるコツ
  3. 洋服代を節約するためのポイント
ARTICLE

洋服代を節約するためのポイント

「ファッションを楽しみたい」「でも洋服にかけられるお金が少ない」−−このように考えるオシャレ好きの方も多くいることでしょう。思う存分ファッションを楽しむために副業を始める、というのも1つの手ではありますが、その前に、幾つかのポイントに注意して、無理なく洋服代を節約してみることから取り組んでみてはいかがでしょうか。

洋服代の予算を決める

まずは洋服にどれだけのお金をかけるのか、その予算を決めましょう。欲しいものを次から次へと買っていては支出が増える一方ですので、月ごと、あるいはシーズンごとに「この金額までは洋服を買っていい」と、自分の中でルールを設定しておくのです。

その際、適当に予算を決めるのではなく、自分の収入と照らし合わせて考えましょう。例えば収入の3〜5%程度、手取りが30万円の人であれば9000円〜1万5000円を洋服代に充てるとすれば、家計を圧迫しすぎず、また洋服が増えすぎることの防止にもなります。

服の断捨離を行う

一度洋服を「断捨離」するのもいいでしょう。断捨離とは、「入ってくる不要なものを“断”ち、不要なものを“捨”て、ものへの執着から“離”れる」ことを意味する言葉で、部屋が片付く、気持ちの整理がつく、お金が貯まりやすくなるといったメリットがあります。

オシャレが好きな人ほど洋服を多く持っているものですが、その分、今は着ないような服も多くあるはずです。そうした不要になったものをネットオークションやフリマアプリを活用して販売すれば、断捨離とともにお金を手に入れることもできるので、一石二鳥と言えます。

買う予定がなければお店にいかない

洋服を買う気がないのであれば、お店に行かないこともポイントです。暇つぶしで、あるいは習慣として、なんとなく洋服屋に行き、なんとなく良いと感じたものを買ってしまい、結果的に洋服代がかさむという経験をしたことがある人も多いでしょう。そうしたことは買い物の楽しみのひとつでもありますが、なんとなく買ってしまったものは、よくよく考えるとさほど必要ではないものでもあります。そこで、そうした習慣自体を断つことも、洋服代の節約につながっていくのです。

一度考える時間をつくる

洋服を買いたいと思ってお店に行き、気になる商品を見つけた場合も、その場で決断するのではなく、「本当に欲しいのか」「本当に必要か」といったことを考える時間をつくってみましょう。一度冷静になり、現状と照らし合わせてみると、その洋服が本当にあなたに必要かどうかが見えてくるはずです。時間を置くと「やっぱり必要ない」という答えに行き着くこともありますし、逆に「やはり欲しい」というのであれば、その時は購入するといいでしょう。

「売り切れてしまうのが不安」という方は、お店に頼んで取り置きをしてもらうという作戦もあります。

持っている服と合うか考える

洋服は、他の洋服との組み合わせを考えた上で購入しなければなりません。そのため、店頭で欲しいと思っても、今持っている洋服との相性を考えてみるといいでしょう。それを考えるためには、一度時間を置いて家に帰る、あるいは持っている洋服の写真を撮影しておき、買い物中に写真と見比べてみるといった方法があります。

近しいデザインのもっと安い服がないか調べる

多くの場合、洋服を欲しいと感じるのはデザインに惹かれてのことでしょう。ただ、流行のデザインを取り入れた洋服は案外たくさんあるものです。そこで、幾つかのお店を回ってみて、欲しいと思った洋服に近しいデザインで、かつより安い洋服がないかを探してみるといいでしょう。そうすれば好みのデザインの洋服を安く入手できますし、お金が浮いた分、節約にもつながります。

購入前に必ず試着する

特にネットショップを利用する場合に顕著ですが、ついついデザインだけに惹かれてすぐに購入をしたはいいものの、実際に着てみたらイメージと合わない、という経験をしたことがある方はいませんか?思っていたイメージと違うと、せっかく買った洋服を着なくなり、タンスの肥やしになってしまいます。

そうした事態を避けるために、購入する前には必ず試着をするようにしましょう。試着をして違うと感じたら買わなければいいですし、店員の方のアドバイスを聞くと、その服を着こなす方法を見つけることもできるからです。

季節ものはシーズン前に買わない

冬物や夏物など、シーズン限定の洋服は、シーズンが終わる頃にセールをする傾向にありますので、そのシーズンが来る前に買わないようにしましょう。定価とセールでは、数十%も金額が異なるので、セールで購入したほうが断然お得です。

こうして節約をしていくためにも、洋服を買う際には、年間を通して計画を立てていくといいでしょう。

定番スタイルの服は少し質の良いものを買う

節約というと、安い商品ばかりを購入するイメージを持たれるかもしれませんが、必ずしもそればかりではありません。例えば白いシャツやビジネスカラーのパンツなど、オフにもオンにも使える定番スタイルの洋服は、少しお金をかけてでも、質の良いものを買うべきです。定番である分、質の良いものを買えば長持ちするので、結果的に節約につながるからです。安物買いの銭失いにはならないようにすることが大切なのです。

セールやアウトレットを利用する

上述したように、季節ものの洋服はセールのタイミングで購入したほうが断然お得になります。また、在庫処分品やワケあり商品を扱うアウトレットのお店を活用するのもいいでしょう。最近ではアウトレット限定の洋服なども販売されているので、安いのにハイデザインの洋服を探すという楽しみも得ることができます。

Web上で購入する

Web上で洋服を購入すると、そのショップのポイントや、クレジットカードのポイントを貯めることができます。Webショッピングならば移動の手間やコストなども省けますし、まとめ買いをすれば送料が無料になる場合もあるので、結果的に節約につながるのです。

ただしWebでのショッピングは、試着ができないなどのデメリットもありますので、やはり即断即決は避け、しっかりと考えてから購入すべきでしょう。

このように、洋服代を節約することで、よりファッションを楽しむことができます。オシャレが好きな方だからこそ、洋服にかけるお金のことをしっかりと考えていきましょう。

  • Share on Google+
  • はてな

関連記事

オススメ記事