副業で笑おう

会社員や主婦、学生など、ダブルワークでお金を稼ぎたいすべての方のために。
副業情報や税金に関する知識など、お金にまつわる役立つ情報を発信していきます。

  1. 副業TOP
  2. 投資関連の副業
  3. 副業で株式投資を行うメリット・デメリット
ARTICLE

副業で株式投資を行うメリット・デメリット

投資と言えば「株式投資」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。資産運用である投資は「副業」には該当しないので、副業禁止の企業に勤めている方でも行うことができ、専業の投資家のみならず取り組む人も多くいます。本業をしながら株式投資をすることに、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

株式投資ってどんなことをするの?

企業が発行した株券を購入し、株券の価値が上昇したときに売却してその差額(売却益)で儲ける、あるいは株券を一定期間保有して配当金を得ることで利益を得るのが株式投資です。

株式投資は元本が保証されていないので、購入したときよりも株券の価値が下がってしまうと、損失となります。その一方、投資金額以上の損益を出すことはないので、投資額を調整していけばリスクを制限できますし、大きなリターンを得られるという特徴もあります。

株式投資で利益を得ていくためには、国内外の政治や経済に関する情報などを随時チェックし、株価の変動状況を見極めていく力が必要になります。そのため、自然とビジネスに必要な知識が身につくので、本業にも活かせることでしょう。

副業で株式投資を行うメリット

副業として株式投資には、次の3つのメリットがあります。

●少額から始められる

基本的に株式投資は、100株や1000株など、ある程度まとまった量の株を購入しなければならず。初期投資もそれなりの金額が必要となります。しかし「ミニ株」と呼ばれるような、少ない金額から始められる株式投資も存在します。通常の株式投資とは違い、売買のタイミングに制限が掛けられているなどのデメリットもあるものの、リスク分散がしやすいので、副業として株式投資をする方や、初心者の方にはおすすめです。

●投資の感覚が身につく

上述したように、株式投資で成功していくためには、世の中の動向に目を光らせ、売買のタイミングを見極めることが大切になります。そうした知識や、チャンスを逃さないための感覚は、ビジネスパーソンにとってはもちろんのこと、生活をしていく上でも非常に貴重なものと言えます。株式投資は、そうした感覚を身につけ、養うことができるというメリットも持っているのです。

●銘柄によっては株主優待がある

一定期間株を保有していると配当金を得られますが、同時に、株主優待というものも得ることができます。株主優待とは、その名の通り株主に対して還元される特典であり、その企業の提供するサービスなどを無料で利用できたり、商品券などをもらえることもあります。

副業で株式投資を行うデメリット

一方、副業で株式投資を行うことには、次の3つのようなデメリットもあります。

●ある程度の知識が必要

繰り返しになりますが、株式投資で成功を掴むためには政治や経済、社会情勢に関する知識が必要となります。それらを身につけることは本業にも役立つ反面、こうした知識を持たずに安易に株式投資に取り組んでしまうと、失敗して損益を被ることになってしまう可能性が高まるのです。

●急に株価が変動する可能性あり

株式投資は、地震などの災害や、投資先企業のスキャンダルなどによって、突然株価が変動する可能性を常にはらんでいます。このように、どれだけ知識を身につけても読み通せないこともあるため、資産の大部分を投資するようなことはせず、万が一損をしても生活に大きな影響は与えないような金額を投資していくべきでしょう。

●時間がかかる

株にまつわる知識や、社会情勢に関する知識を身につけるためにはある程度の準備期間が必要です。また、儲けられる銘柄、失敗しない銘柄を見極めていくためにも調査の時間が必要となります。そのため、株式投資で儲けていくためには時間がかかることが前提となります。逆の観点で言うと、時間をかけずに株式投資に手を出すと失敗の確率を高めることになるので、時間は必要なものと、考慮しておくべきでしょう。

副業で株式投資を成功させるためのポイント

では株式投資を成功させるにはどうすればいいのでしょうか。まずは、次の2つのポイントを理解しておくべきだと言えます。

●日々世の中の情報収集をする

ここまで何度か触れてきているように、株式投資を成功させるためには、日々世の中の情報を収集することが大切です。複数の新聞やニュース番組、ネット媒体などに目を通し、政治に関する情報や経済情報、時事問題など、あらゆる情報を収集していきましょう。はじめのうちは手間に感じるかもしれませんが、慣れれば短い時間で要点を掴めるようになりますし、日々自分の知識が高まっていくことを実感でき、だんだんと楽しくなってくる

●短期的な成果を求めず、一喜一憂しない

株式投資は大きなリターンを得られるという特徴がありますが、副業で行う場合、堅実な資産運用をするという意識で臨んだ方がいいでしょう。それがリスクを抑え、着実に収益を上げる方法を得る可能性を高めるからです。したがって、短期的な成果を求めることはせず、たとえ一時的に損失を出したとしても一喜一憂することなく、長い目で取り組んでいくべきなのです。

投資信託とどっちがよい?

株式投資などと並ぶ代表的な投資として、投資信託というものもあります。投資信託は、銀行や証券会社が個人の投資家から資金を集め、そのお金で債権などに投資を行い、儲けが出れば個人投資家に分配するというものです。

この投資信託と株式投資は、どちらの方がよいのでしょうか?この問いに対する答えは「あなた次第」というものです。身も蓋もないと感じるかもしれませんが、両者のメリットとデメリットを見極め、自分に合う方を選択するべきなのです。

株式投資のメリットとデメリットはここまで紹介してきましたので、ここでは投資信託のメリットとデメリットを簡単に見ていきましょう。まずメリットとしては、プロが運用してくれるため、そこまでの知識は不要ですし、煩わしい作業を行う必要もありません。また、自分で投資を行うよりもリスクは低いとも言えるでしょう。その一方で、証券会社等に支払う手数料が必要になりますし、またプロと言っても、必ず利益が出るわけでもないというデメリットを持っています。

したがって、「自分のタイミングで取引をして、しっかりと儲けたいなら株式投資」、「多少の出費は構わないから、着実に利益を得たいなら投資信託」を選ぶといいかもしれません。

  • Share on Google+
  • はてな

関連記事

オススメ記事