副業で笑おう

会社員や主婦、学生など、ダブルワークでお金を稼ぎたいすべての方のために。
副業情報や税金に関する知識など、お金にまつわる役立つ情報を発信していきます。

  1. 副業TOP
  2. 投資関連の副業
  3. 【2018年版】FX副業初心者におすすめのFX会社ランキング
ARTICLE

【2018年版】FX副業初心者におすすめのFX会社ランキング

FXで利益を出すにはFX会社選びも重要。人によってベストなFX会社は異なります。提供される情報の量や質、使いやすいツールの用意、手数料の安さ、カスタマー対応など、各社ごとの特徴があります。各社を総合的に見て、自分にあったFX会社を選びましょう。FXが初めての方でも使いやすい、おすすめFX会社10社をご紹介します。

副業で行うFX。成功させるためのポイント

まずは、副業でFXを行う際の成功のためのポイントを紹介します。

●いくら稼ぐか目的を明確にする

FXで稼ぐにはまず目標を立てることがポイント。目先の利益にとらわれて躍起になると、失敗しやすくなります。「月に5万円稼ぎたい」「年間で100万円くらいプラスにしたい」といったように、稼ぎたい金額を明確にしておきましょう。その上で、堅実に進めていくことが大切です。

●トレードする時間を決める

24時間取引ができるFX。忙しいサラリーマンの副業に適している反面、時間を決めておかないと本業をおろそかにしてしまう可能性があります。「取引は何時から何時まで」「会社から帰宅後の2時間だけ」といったように、きちんとルールを決めておきましょう。そうすることで、本業に影響を与えにくく、副業を続けやすい環境が整います。

●FXについて事前に勉強する

FXで利益をあげるには、さまざまな知識を必要とします。経済や金融の知識、FXの専門用語、チャート分析のやり方など、事前に勉強しておきましょう。また、FXでは鮮度の良い情報を得ることも重要です。FX会社によっては初心者向けセミナーや、リアルタイムの情報を提供してくれています。有益な情報は積極的に活用してみてください。

FX取引には取引手数料やスプレッドなど、コストがかかることも覚えておきましょう。スプレッドとはFX取引をする際の買値と売値の差のことで、いわば取引にかかるコストです。スプレッドは狭い方が低コストで、私たちにとっては有利になります。

●自分に合った取引を行う

用意できる元金は人によって違うもの。大きな利益を得たいからと、無茶な投資は避けましょう。無理のない範囲で行うことが大切です。

また、為替差益以外にも「スワップポイント」あるいは単に「スワップ」と呼ばれる方法でも利益を出すこともできます。スワップとは、2国間の金利差によって生じる利益のこと。例えば、日本円など低金利通貨を売り、オーストラリアドルなど高金利通貨を買えば、その金利差額を受け取ることができます。利益自体は大きくありませんが、毎日差額を得ることができる点は非常に魅力的です。自分にあった取引を行うことで、副業としても成功させやすくなります。

FX初心者におすすめのFX会社ランキング

1位:GMOクリック証券

FX取引高は6年連続で世界第1位と、圧倒的な人気があります。使い勝手位の良い自社開発のアプリや、38種のテクニカルを備えた取引ツールなどを提供。利用者の満足度も非常に高くなっています。スプレッドも狭く、総合的に見てもハイレベルなので、メイン口座として開設するのにもおすすめです。24時間対応の無料サポートも用意されています。情報提供力が他社と比べて若干弱いのがデメリットと言えます。

2位:外為オンライン

外為オンラインは機能面で非常に優れているFX会社です。取引システムやテクニカルチャートが使いやすく、スマホアプリも高機能。さらに初心者向け無料セミナーやコンテンツも豊富に用意されていて、情報収集もしやすくなっています。24時間利益を追求したい方は「iサイクル注文」の利用もおすすめ。忙しい人にも使いやすくなっています。

3位:DMM FX

グループ会社を含めると為替口座の開設数は65万以上。チャートやツールの使いやすさに定評があります。とくにスプレッドは安定していて、一般的にスプレッドが広がりやすい早朝や深夜などでもDMMなら広がりにくく、広がっても早く戻ってきやすいのが特徴です。LINEによるサポートもあり、カスタマー対応も充実してきています。取引ごとにポイントが貯まり、現金化できる点も強みです。

4位:外為どっとコム

有益な情報を豊富に提供してくれるので、初心者でも始めやすいのが魅力。運営する「外為情報ナビ」では20種類以上の為替番組や経済レポートを閲覧できます。老舗の大手FX会社なので安心感があり、初心者向けの無料セミナーなどサポートも充実。取引ツールのテクニカル数は他社よりも少ないですが、マニアックな機能を必要としない方であれば、不便と感じることはないでしょう。

5位:みんなのFX

スワップの高さ、スプレッドの狭さはトップクラス。米ドル/円スプレッドは原則0.3銭で固定されています。24時間対応のフリーダイヤルもあるので、初心者の方も安心です。自動売買システムトレードの「みんなのシストレ」や、1000円からできる投資バイナリーオプション「みんなのオプション」など、さまざま用意されているので、楽しみながら続けられるでしょう。

6位:FXブロードネット

自動売買が可能なトラッキングトレードが用意されています。知名度はそこまで高くありませんが、安全性は高いので安心して取引ができます。スプレッドも狭く、こちらもドル/円0.3銭、ユーロ/円も0.5銭と平均以上の優秀さ。その他の取引コストも低いので、コストを抑えたい方にはおすすめです。

7位:ヒロセ通商(LION FX)

2016年にジャスダックに上場し、最近ますます注目を集めるヒロセ通商。2018年オリコン顧客満足度調査では1位に輝いています。通貨ペア(交換する2国の通貨)は50種類と非常に豊富で、さまざまな通貨で取引が可能。独自のキャンペーンも多数行われています。チャートが見やすい、ツールが使いやすいといった点も人気のポイントで、約定スピードは業界でも最速の水準。Mac専用の取引ツールもあるので、Macユーザーの方にもおすすめです。

8位:ワイジェイFX

ヤフーグループが運営するFX会社です。iPhone、iPad、Android、タブレットと、それぞれに使い勝手の良い専用アプリが用意されていて、チャートが非常に見やすくなっています。外出先でもスムーズにFX取引をしたい方にはぴったりです。高設定のスワップも魅力。スプレッドは比較的狭く極端に広がることもありませんが、時間帯によっては広がりやすくなっているので注意しましょう。

9位:JFX MATRIX TRADER

さまざまなキャンペーンを頻繁に行っている印象のあるFX会社です。情報提供にも力を入れていて、SNSを使ってリアルタイムで情報配信をしています。約定スピードは最速で0.001秒と業界トップクラス。スプレッドも米ドル/円で0.3銭と狭くなっているので、総合的に見ても優れています。

10位:SBI FXトレード

大手のSBIグループ。1通貨単位からでも取引が可能なので、少額投資をしたい方にはおすすめです。韓国ウォンの取り扱いといった、面白いサービスも用意されています。スプレッド幅が狭く、米ドル/円で0.27銭です。スプレッドが変動しやすいので注意が必要ですが、1万〜50万通貨でも0.29銭となっています。

冒頭でも記したように、ベストなFX会社はその人によって異なります。まずは各社のWebサイトなどを見ていき、自分に的確な会社を選択していきましょう。

  • Share on Google+
  • はてな

関連記事

オススメ記事