副業で笑おう

会社員や主婦、学生など、ダブルワークでお金を稼ぎたいすべての方のために。
副業情報や税金に関する知識など、お金にまつわる役立つ情報を発信していきます。

  1. 副業TOP
  2. 変わった副業
  3. 教師でもできるおすすめの副業ランキング
ARTICLE

教師でもできるおすすめの副業ランキング

2018/09/14
若者の教育を担う教師。多忙で責任がある仕事なのに対し、頑張っても給料にはなかなか反映されず、副業を検討する方も多いでしょう。ここ数年で副業を許可する企業が増えてきていますが、教師となるとまた話は別。安易な気持ちで副業をすると、ペナルティを受けることにもなりかねません。教師でもできる副業の種類や、副業をする際の注意点を知っておきましょう。

教師は副業できるの?

●公立の教師の場合

公立の教師は公務員なので、副業は法律で原則として禁止されています。無断で副業をしてしまうと、懲戒処分を受ける可能性もあります。しかし、絶対に副業ができないというわけではありません。なかには例外として認められている副業もありますし、許可を得ることで副業が認められるケースもあります。

●私立の教師の場合

私立の教師の場合は、法律では副業を禁止されていませんが、就業規則で禁止している学校も多いです。まずは就業規則を確認し、上司に相談してみましょう。ただし、本業に支障が出るような副業や、教師としての品格を損なうような副業は選ぶべきではありません。注意や処分を受ける可能性があります。

なお、公立・私立いずれの場合も、非常勤教師の場合は基本的に副業が許可されています。他校との掛け持ちなど、禁止されている副業があるかもしれないので、勤務先で確認しておきましょう。

教師でもできるおすすめの副業ランキング

ここからは、教師でもできるおすすめの副業をランキング形式でご紹介していきます。

1位:不動産投資

不動産投資は、公務員でも例外として認められている副業です。初期費用こそかかるものの、安定的かつ中長期的なリターンが期待できます。ただし、公務員の場合は規模に制限があり、例えば賃貸経営なら次の条件を満たす必要があります。

・戸建なら5棟未満、マンションなど集合住宅なら5棟10室未満
・年間の家賃収入が500万円未満
・管理業は業者に委託する

不動産投資を始めるため銀行から融資を受ける方も多いですが、公務員であれば一般の会社員に比べて信用が高く、融資が受けやすいという利点があります。また、借りられる金額を大きくできる、返済期間を長くしてもらえるなど優遇される可能性も。勤続年数によって昇給もあるので、返済の目処も立てやすくなります。

2位:不用品の売買

自宅にある本や洋服などの不用品を、ネットオークションやフリマアプリで販売して利益を得ます。商品を仕入れるせどりとは異なり、不用品を売るだけなら副業とみなされないことがほとんどです。人気キャラクターのグッズやブランド品であれば、高値で売れる可能性も十分にあります。

3位:株式投資

投資は資産運用であり、副業とみなされないため行っても問題ありません。スマホからでも簡単に取引できるのもメリットです。デイトレードのような頻繁に値動きをチェックする取引は副業には向かないため、中長期の保有で利益を出す方法を選択した方が無難です。株式投資は損失を出す可能性もありますが、うまくいけば大きく稼ぐこともできます。株式を保有することで得られる「株主優待」を活用するのもおすすめです。

4位:仮想通貨

価格変動が激しいので、短期間でもしっかり稼げる可能性があります。反対に深入りしすぎると、大損をすることもあるので注意してください。今後もさまざまな仮想通貨が誕生すると言われていて、まだまだ市場は発展の見込みがあります。取引は1000円以下と極めて少額からでも始められる点もメリットです。

5位:FX

株式市場とは異なり、平日なら24時間取引ができるのが魅力。自動で売買ができるツール、予測を手伝ってくれるツールなども最近は出てきているので、限られた時間のなかでも効率よく取引することができます。ハイリスク・ハイリターンの面もあるので、とくにレバレッジを効かせる際は注意しましょう。

6位:ライティング

雑誌や書籍はハードルが高いですが、Webサイトに掲載する記事であれば初心者でも取り組める案件が多数あります。クラウドソーシングサイトなどで募集されているので、探してみてはいかがでしょうか。さまざまなジャンルがあるので、興味があるジャンルを手がけてみると楽しみながら続けられます。単価は1記事数百円ほどの案件から1万円以上と高額な案件までピンキリ。最初は安い案件しか来ないかもしれませんが、経験と実績を積むことで単価の高い仕事が受けられる可能性も十分にあります。

7位:ポイントサイト

ポイントサイト内で広告をクリックしたり、ゲームをしたりするとポイントがもらえます。貯まったポイントは現金や電子マネー、商品券などと交換が可能。スキマ時間で気軽にできるので、忙しい教師の方にぴったりです。簡単にできて知識もスキルも不要。稼げる金額は少ないですが、コツコツ続けるのが得意な方には適しています。ポイントサイトの利用や登録は無料なので、お小遣い程度に稼ぎたいという方は試してみてはいかがでしょうか。

教師が副業を行う際に注意すべきこと

副業で得た収入は、きちんと申請しなければ脱税になってしまいます。そのため、必ず確定申告をして正しい金額を納税しましょう。副業の所得が1年間で20万円以下であれば、確定申告は不要です。20万円以上になった場合は、自分で確定申告を行いましょう。通常では「特別徴収」となっているので「普通徴収」を選択するようにしてください。副業分の納税書が自宅に届くようになります。

なお、副業がアルバイトで給与所得となる場合は、所得金額に関係なく確定申告が必要です。給与所得は普通徴収を選ぶことができないので、本業側の経理担当者に年末調整してもらう必要があります。内緒で副業をすることができないので、注意しましょう。

本業に支障が出ると、生徒や他の教師にも迷惑をかけることになります。負担のかからない程度に調整しながら行うようにしてください。

  • Share on Google+
  • はてな

関連記事

オススメ記事