副業で笑おう

会社員や主婦、学生など、ダブルワークでお金を稼ぎたいすべての方のために。
副業情報や税金に関する知識など、お金にまつわる役立つ情報を発信していきます。

  1. 副業TOP
  2. スキル関連の副業
  3. 保育士をしながらでもできる副業ランキング
ARTICLE

保育士をしながらでもできる副業ランキング

保育園不足が叫ばれている時代にありながら、その給与の低さが社会的な問題となっている保育士という職業。待遇改善の動きが出ているものの、今すぐに給与が上がることは期待しづらい状況でもあります。そこで副業をして収入アップを狙う保育士の方も多くいます。今回は、「保育士をしながらでもできる副業」をランキング形式で紹介していきます。

保育士は副業しても大丈夫?

ランキングを紹介していく前に、まずは「保育士の副業」について考えていきましょう。

まずチェックすべきは、勤務先の保育園で副業が禁止されていないかどうかです。そのため、勤め先の就業規則を確認しましょう。副業が禁止されていな場合は問題ありませんが、副業が禁止されているのであれば、上司などに相談して副業を許可してもらうか、バレないように副業をしていく必要があります。そのための工夫は次の項で紹介していきます。

なお公立の保育園に勤めている方は公務員扱いとなるため、基本的に副業をすることはできません。

副業がバレないようにするために注意すべきこと

上述のように、本業の勤め先で副業が禁止されている場合、副業がバレないように注意しなくてはなりません。その際、次の3つのことに気をつけましょう。

●人に見つからないようにする

まずは仕事関係の人に見つからないようにしなくてはなりません。同僚や上司はもちろんですが、保護者の目にも注意しましょう。同僚や上司の場合はある程度の生活範囲を推測することができますが、保護者に関してはそうした情報が少ないため、十分に気をつけなくてはなりません。

他の職場で働く場合には、なるべく本業からは離れた職場を選ぶべきです。また、在宅ワークやネット副業をする場合にも、本名や顔写真をネット上に掲載しないという工夫が必要になります。

●稼ぎすぎない

本業の収入が低いからこそ副業を行うものですが、一方、稼ぎすぎてしまうと副業がバレるリスクが高まるものです。その一つが確定申告です。収入が増えるとその分住民税が高くなるので、放っておくと勤務先に副業をしていることがバレてしまう可能性があります。そこで、住民税は自分で納付するようにしておきましょう(詳しくは「会社に副業がバレないためにやるべきこと(https://fukugyou-waraou.com/380/)」の記事をご参照ください)。

また、収入が増えたからとついつい散財してしまったり、本業の収入では買えない高価なものを身につけていると、やはり副業をしていることがバレてしまう恐れがあるので、そういったことにも気を付けましょう。

●体調管理に気を付ける

副業をするということは、その分自由な時間や休息時間が減ることを意味します。ただでさえ保育士という仕事は体力的な負担も大きいので、体調を崩すリスクが高まってしまうでしょう。そして万が一体調を崩してしまうと、そこから副業がバレてしまう可能性もあるのです。副業がバレずとも、体調を崩すと本業に悪影響を及ぼしてしまうので、体調管理は万全にしていきましょう。

保育士におすすめの副業ランキング

それでは、保育士の方におすすめの副業をランキング形式で紹介していきます。

1位:ベビーシッター

託児ルームや個人の自宅に伺って子供の世話をするベビーシッターという仕事は、保育士の方が本業で培ったスキルを十二分に発揮できる仕事と言えるでしょう。個人の自宅に伺ってベビーシッターをする場合、本業とは違って少人数の子供を相手にするので、その分集中して取り組むことができますし、子供に対する思い入れも深くなるでしょう。

ベビーシッターの仕事は、専門の派遣会社等に登録をすることで仕事を斡旋してもらうことができます。

2位:家庭教師

かつては大学生のアルバイトというイメージが強かった家庭教師ですが、少子化の影響で最近では社会人にも人気の副業となっています。

家庭教師は労働時間が短く、時給が高いというのが大きな魅力。その一方、生徒に教える科目の知識や勉強の指導経験なども求められます。家庭教師の仕事をしたいという場合には、家庭教師派遣会社などに登録をしていきましょう。

3位:クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、インターネット上で仕事を委託したい企業・人と、仕事を受託したい企業・人をマッチングするサービスです。基本的に在宅でできる案件が多く掲載されているので、自分のペースで仕事ができるということが大きな魅力です。

クラウドソーシングに掲載されている仕事には、デザインやプログラミング、イラスト作成などの特別なスキルを要されるものから、データ入力やアンケートなど、特別なスキルや知識が必要ないものまで幅広くあります。自分にできる仕事を探してみるといいでしょう。

4位:アフィリエイト

自分でブログやホームページを立ち上げて記事を作成し、企業の広告を貼り付け、その広告収入を得る仕事がアフィリエイトです。

保育士の場合、保育園を取り巻く事情や、子供を育てていくための情報などを記事にしていくと、高い人気を誇るブログ・ホームページにすることができるかもしれません。もちろん、それ以外のテーマで記事を書いていっても構いません。

5位:ライティング

文章を書くのが好きな方であれば、ライティングで副収入を得ることも可能です。上で紹介した「クラウドソーシング」などではライティングの仕事も数多く掲載されているので、興味があれば登録をして仕事を探してみましょう。

クラウドソーシングにおけるライティングのテーマは多岐に渡りますが、例えば美容系やエンタメ系など、そこまで深い知識を持たずとも書けるものから、医療系や金融系など、特別な知識が必要となる案件まであります。育児に関わる記事の需要もありますので、普段の業務で得た知識を発揮していくと、うまく稼ぐことができるでしょう。

6位:代行業

1位で紹介したベビーシッターもそうですが、誰かの代わりに何らかの仕事を肩代わりする代行業も、保育士の方におすすめの仕事です。

代行業は数多くあり、家事代行や買い物代行といったものから、合コン代行、結婚式参列者代行などユニークなものもあります。

7位:ミステリーショッパー

ミステリーショッパーとは、いわゆる「覆面調査員」と呼ばれる仕事です。飲食店や美容室、エステなどのお店に一般のお客として赴き、そのお店のサービスのレベルなどを調査し、レポートするという仕事です。

報酬はさほど高くないものの、割安でお店のサービスを受けることもできるので、デートや友人との会合で使うなどしていくと、お得な思いができるようになるでしょう。

転職を検討するのもあり

ここまで保育士の方におすすめの副業を紹介してきましたが、保育士はやりがいがある一方で、給与の低さという難点もある仕事です。そのため、副業をしていくことで自分自身の新たな道を探し、最終的には転職をするという道もありだと言えます。

ただし、「何となく転職をする」という考えではうまくいくものもいきません。転職を考える場合には、自分の将来を考えた上で副業をしていくようにすべきでしょう。

  • Share on Google+
  • はてな

関連記事

オススメ記事