副業で笑おう

会社員や主婦、学生など、ダブルワークでお金を稼ぎたいすべての方のために。
副業情報や税金に関する知識など、お金にまつわる役立つ情報を発信していきます。

  1. 副業TOP
  2. スキル関連の副業
  3. 管理栄養士・栄養士の資格を生かした副業のすすめ
ARTICLE

管理栄養士・栄養士の資格を生かした副業のすすめ

高齢化が加速し、健康寿命の重要性が高まる現代。栄養に関する知識を持つ管理栄養士・栄養士のニーズは、ますます高まっていくと考えられます。しかし、大変な割に意外と給料が安いと、現在の年収に満足していない方も少なくありません。管理栄養士・栄養士の資格やスキルは副業でも重宝します。本業ではなかなか給料も上がらなくても、副業で上手に稼ぐことも可能なのです。

管理栄養士・栄養士の給与相場

厚生労働省「平成28年 賃金構造基本統計調査」によると、栄養士の平均年収は344万8100円。月の平均給与は23万7800円とされています。管理栄養士に関しては厚生労働省のデータにはありませんが、一般的には350〜450万円ほどが相場とされています。資格手当がつくこともあり、栄養士資格であれば2000〜5000円ほど、管理栄養士であれば5000〜10000円ほどが目安となっています。

管理栄養士・栄養士の働く場は主に給食センターや病院、介護施設、保育園、食品メーカー、スポーツ関連施設など。それぞれで給与相場は異なりますし、公務員なのか民間企業なのかによっても違ってきます。公務員であれば勤続年数が長くなるほど、給与が増えやすいという特徴があります。

管理栄養士・栄養士の収入を上げる方法

管理栄養士・栄養士が収入を上げるには、次の3つのような方法があります。

●転職

管理栄養士・栄養士の資格を活かして、別の職場に転職する方法です。身体障害者施設や病院など、より専門性が求められる職場では給料も高くなる傾向にあります。また、食品メーカーなど企業の開発職や研究職は、給料も比較的高額である場合が多いです。さらに高額収入を目指す方のなかには、栄養士の仕事を辞め、営業など報酬の良い職種にキャリアチェンジする方もいます。

●副業

栄養に関する専門知識を生かし、副業で稼ぐことも可能です。栄養に関する正しい知識は多くの人にとって貴重な情報であり、求めている人も多いもの。そういった人たちに情報を届けることで、報酬を得ることができます。在宅でできる副業であれば、好きな時間に気軽に作業が可能。本業にも支障をきたしにくく、会社にバレにくい点もメリットです。本業の安定的な収入があるため、仮に思い通りに稼げなかったとしてもリスクはありません。

将来飲食店を開業したい方などは、資格を活かして飲食店でアルバイトをするのも良いでしょう。毎月一定額を手にすることができ、スキルを磨くこともできます。ただし、身体的な負担になりやすい、会社にバレるリスクが高いというデメリットがあるので気をつけましょう。

●フリーランス

フリーランスとして独立するのも選択肢のひとつです。「開業栄養士」「在宅栄養士」などとも呼ばれています。市役所や保健所、保険センターなどで求人が募集されていることもありますし、なかには料理の腕前と栄養の知識を生かして料理教室を開く方も。仕事を自分で探さなければいけない、自己管理が必要など苦労する面もありますが、自分のペースで仕事ができ、会社勤めだったときより稼ぎを増やすこともできます。

管理栄養士・栄養士の知識を生かした副業

●ライティング

オウンドメディアやキュレーションサイトなど、Web媒体で記事を書く仕事です。クラウドソーシングサイトでは、ライター職はかなりの数の募集があります。パソコンとインターネット環境があれば、在宅で空いた時間にできるのも魅力。普段から職場で資料作成などを行っている方は、スムーズに作業できるでしょう。管理栄養士・栄養士の方なら、美容・健康系やダイエット系などのジャンル、妊婦さんやお子さんを持つお母さん向けサイトなどと相性が良いと考えられます。

Web上では無数の記事が公開されていて、記事の信憑性は非常に重要です。執筆者欄に「管理栄養士」と付けられることは信ぴょう性も上がり、クライアントにとっても嬉しいもの。プロの知識や経験を生かして書く案件であれば、一般的なライティング案件よりも高額報酬が期待できます。名前はペンネームや無記名でもOKという場合も多いので、バレたくないという方も安心です。

●アフィリエイト

ブログやWebサイトを運営し、企業の商品やサービスの広告を貼り付け、そこから購入されれば報酬が得られます。アフィリエイトの主な作業は、定期的な記事の作成と公開です。アフィリエイトで稼ぐコツは「詳しく書かれていて、信頼できる記事」をつくること。そしてサイトへの訪問者を増やすことです。管理栄養士・栄養士の知見を活かした記事は読み手にとっても信頼でき、有益な情報であるためアクセスも増やしやすいと言えます。

例えばアフィリエイトで高額報酬を狙えるジャンルとして、サプリメント・ダイエット食品・メイク用品・健康食品などが挙げられます。栄養士の知識や経験を活かして、成分や栄養、効果に関することなどを分かりやすく記述すると良いでしょう。アフィリエイトは初期費用がほとんどかからない上、上手く運用できれば月に数十万円稼ぐことも可能。ローリスクでハイリターンを狙えます。

●オンラインでの食事サポート

栄養士の在宅ワークで人気が高まりつつあるのが、オンライン食事サポートです。高齢者の栄養管理やダイエットサポートなど、対象者の目的に合わせてオンラインで栄養指導や食事指導を行います。スマホがあればどこでも仕事ができるので、本業がある方や小さなお子さんがいる方にも嬉しい副業です。

管理栄養士・栄養士が副業する際に注意すべきこと

勤め先によっては副業が禁止されている場合があるので注意しましょう。とくに公務員の副業は法律で禁止されています。副業がバレると、ペナルティを受ける可能性があります。

副業がバレるいちばんの理由は住民税です。副業で20万円を超えた分は確定申告が必要となります。「普通徴収」を選択し、自分で確定申告を行うようにしましょう。ただし、アルバイト副業の場合は給与所得となるため、普通徴収が選択できず会社にバレるリスクが高くなります。また、同僚などに副業の話をしたことで噂になってしまい、バレてしまうケースも。副業の話は不用意にしないことが大切です。

副業に時間を使いすぎると、遅刻やパフォーマンスの低下を招くことになりかねません。副業と本業のバランスを取ることが肝心。副業は無理のない範囲で行いましょう。

  • Share on Google+
  • はてな

関連記事

オススメ記事