副業で笑おう

会社員や主婦、学生など、ダブルワークでお金を稼ぎたいすべての方のために。
副業情報や税金に関する知識など、お金にまつわる役立つ情報を発信していきます。

  1. 副業TOP
  2. 副業おすすめランキング
  3. 40代のサラリーマンにおすすめの副業ランキング
ARTICLE

40代のサラリーマンにおすすめの副業ランキング

日常の生活費から子供の養育費、生命保険、住宅ローンなど、何かと支出の多い40代。現在、そして将来のことを考えて副業を始めるのは、賢明な判断かもしれません。40代サラリーマンの方におすすめしたい、10種類の副業をご紹介します。

40代のサラリーマンが副業を始める主な理由

●新しい収入が増える機会がない

昇給も賞与もせいぜい年に1、2回程度。その額もどれだけ期待できるかはわかりませんし、会社の業績が悪くなれば昇給・賞与が大きく減額される、最悪の場合なくなってしまう可能性だってあります。また、最近では残業を減らす方針を打ち出す企業も増えているため、残業代も期待できません。転職も収入を増やす方法のひとつですが、必ずしも今の会社より良い条件で採用されるという保証もありません。自分で動かない限り、新しい収入が増える機会というのはそうないものです。

●子供の養育費のため

出産から大学卒業まで、子供ひとりを育てるのに1000万円以上のお金が必要と言われています。高校や大学が私立になれば一層お金がかかりますし、子供の人数が増えた分だけ負担も増えるもの。塾や習い事、通学のお金、アパートを借りる場合はその資金など、さまざまなシーンでお金がかかってきます。

●定年に向けた貯蓄のため

将来、年金だけで十分な暮らしをするのは難しいと言われています。さらに病気になったり、介護が必要になったりすると、ますますお金はかかります。早い段階で老後資金を貯めておくことが大切です。

●起業を考えている

起業前の副業はかなり効果的です。副業を通じて知識や経験を積むことができますし、事業主としてのビジネス感覚を身につけるというのは、会社にいては難しいもの。副業から始めて軌道に乗ったら本格的に起業する、といったように、リスクを低減させることも可能です。副業で収入が増えれば起業資金も早く貯まるなど、さまざまな点でメリットがあります。

副業で成功するためのポイント

日雇いバイトなど、時間を切り売りする副業は避けるべきです。時間的拘束があるだけでなく体力を消耗しますし、人間関係によるストレスもあります。大変な割には得られるスキル・知識なども少なく、有益な副業とは言えません。時間に融通がきき、自宅でもできるネット副業や投資などを選んだ方が良いでしょう。会社の人に見られてバレてしまうというリスクも回避できます。

40代のサラリーマンにおすすめの副業

それでは、40代のサラリーマンの方におすすめの副業をランキング形式で紹介していきます。

1位:自身のスキルを活かした副業

「スキル販売」と呼ばれ、自分の持つスキルを他者に提供して報酬を得る方法です。マッチングサイトなどを利用して売買します。似顔絵作成や写真撮影、提案書や企画書の作成など、基本的にどういったスキルでも販売できます。ビジネス的なスキルを持っていないという方でも、例えば「横浜エリアのデートコースを提案します」「仕事や家庭の愚痴を聞きます」「ゲームのクリア方法を伝授します」など、自分の持つ経験や知識なら、どんなことでもお金に変えるチャンスがあります。お試し感覚で、一度スキルを出品してみても良いでしょう。

2位:FX

ハイリスクハイリターンなイメージのあるFXですが、少額でも始められます。ハイリターンを狙わず、手堅く月数万円程度を稼ぐことを目標にスタートさせてみると安心です。投資と聞くとハードルが高い・リスクが高い・市場から目を離せないというイメージを持つ方も多いと思いますが、最近では人工知能などを利用したツールが出ています。そういったツールを上手に使うことで、時間を大きく割くことなく、利益をあげることも可能です。

3位:株式投資

元本割れのリスクはありますが、投資金以上の損失が出ることはありません。投資額を調整する、投資のタイミングを数回に分ける、投資先を分散するなど、自分でリスクヘッジができます。ビジネス感覚の育成や市場調査、先見性を育むといったメリットもあるので、起業を考えている方にもおすすめです。

4位:債権投資

債券とは国や地方、企業が資金を集める目的で発行する証券です。国などにお金を貸して、利子を受け取ることで利益を得ます。財政破綻や企業の倒産が起こらない限り、満期日には元金が全額返金されます。ローリターンではありますが、リスクが低く始めやすい投資です。債券価格が値上がりしたタイミングで売却し、利益を得ることもできます。

5位:クラウドソーシング

空いた時間に仕事ができることで人気のクラウドソーシング。単価は安い案件が多いですが、実績をつくり評価を上げれば高額案件のスカウトが来ることもあります。短時間でできる簡単なものから、納品まで数ヶ月を要するものまで幅広くあり、職種も非常に豊富です。自分のライフスタイルやスキル・知識に応じて案件を選ぶことができます。

6位:投資信託

手間をかけずに投資をしたい方や、投資が初めての方におすすめ。自分を含む投資家たちからお金を集め、それを元にファンドマネージャーが運用を行います。投資信託は買ったら保持するだけで、とくに自分で何かをすることはありません。利益が出たら投資家たちに分配されます。運用を人に任せるため、信頼できる金融機関を見つけることが大事です。

7位:不動産投資

建物や駐車場を購入して家賃収入を得る方法が一般的です。長期的な不労所得になるので、老後の定期収入も期待できます。ただし、建物を購入するのに多額の資金を用意しなくてはならず、場合によっては銀行からの借り入れが必要です。リスクはありますが、リターンも大きい投資です。

8位:アフィリエイト

企業の商品やサービスを自分のブログやWebサイトで紹介し、商品が購入された場合に紹介料として報酬が入る仕組みです。自宅で好きな時間に作業でき、パソコンがあれば誰でも始められます。稼げるようになるまで時間はかかるものの、なかには本業以上に稼いでいるという人も。ライティングスキルやWebマーケティングの知識が身につく点もメリットです。情報収集とPDCAを繰り返すのが成功の鍵と言えます。

9位:せどり

やることは商品を安く仕入れて高く売るだけ。高く売れればその分だけ利益が大きくなります。初心者でも始めやすく、売れたらすぐに収入になるのも嬉しいポイント。Amazonやヤフオク!、メルカリなどで販売するのが定番です。自分に合ったサービスを利用すると良いでしょう。仕入れに費用がかかり、売れなければ在庫を抱えるリスクがあるので、売れる商品を見極めるのが重要です。

10位:家庭教師

人に勉強を教えるのが得意、得意な教科があるという方は、家庭教師センターに登録してみても良いでしょう。家庭教師なら曜日や時間が相談でき、全国の市区町村で募集されているので、自宅から近い場所で行うことができます。アルバイト契約はなく、外注・業務委託契約としているセンターが多いので、住民税から会社にバレるリスクも低くなっています。労働時間が短いので本業への支障も出にくく、一般的なアルバイトなどと比べて高時給なことが多いのも魅力です。

稼ぎたい目標額やライフスタイルに合わせて、本業に支障をきたさない程度に、賢くお金を稼いでいきましょう。

  • Share on Google+
  • はてな

関連記事

オススメ記事