副業で笑おう

会社員や主婦、学生など、ダブルワークでお金を稼ぎたいすべての方のために。
副業情報や税金に関する知識など、お金にまつわる役立つ情報を発信していきます。

  1. 副業TOP
  2. お金を貯めるコツ
  3. ふるさと納税を使った節約方法
ARTICLE

ふるさと納税を使った節約方法

2008年からスタートし、今では多くの方が実施している「ふるさと納税」という仕組み。「豪華な返礼品がもらえる」ということで人気を博していますが、ふるさと納税の魅力はそれだけではありません。実はふるさと納税は、節約をしていく上でとても有効な制度なのです。そこで今回は、ふるさと納税の仕組みやメリット、手順、お得な使い方などについて説明していきます。

ふるさと納税とは

まずはふるさと納税とは何かということについて見ていきましょう。「納税」と付いていますが、ふるさと納税は税金ではありません。全国の中から自分で選んだ自治体に寄附を行うことです。寄附金のお礼として、その自治体の特産品などが送られてきます。ここまでだとネットショッピングなどと変わりませんが、ふるさと納税の肝は、「寄附金を送ることが節税につながる」という点にあります。

どういうことかと言うと、送った寄附金の合計金額から2000円を引いた額が所得税と住民税から控除されるのです。例えば年間で3万円分ふるさと納税をした場合、2万8000円が控除されることになります。

それならば「できるだけ寄附をした方が得になる!」と考えるでしょうが、ふるさと納税をすることで得られる控除には上限があります。上限額はその人の年収や家族構成によって異なります。例えば独身で年収が300万円の方の場合、控除の上限額は2万8000円が目安となります。上限額の目安は総務省のサイト(※1)で詳しく紹介されていますので、そちらをご覧ください。

また、ふるさと納税は寄附金を送れば自動的に控除がなされるわけではありません。詳しくは後述しますが、確定申告をする、あるいは「ワンストップ特例制度」という仕組みを使うことが必要になります。

※1 ふるさと納税のしくみ|総務省
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/mechanism/deduction.html

ふるさと納税を行うメリット

ではここで、改めてふるさと納税のメリットを見ていきましょう。

●負担する税金が軽くなる

まずは、ここまでにも触れてきたように、負担する税金が軽くなるというメリットがあります。会社員の方でもふるさと納税をすることができますし、条件を満たせばワンストップ特例制度という仕組みを使って確定申告を不要にすることもできますので、節税を考える方はふるさと納税を行っていくといいでしょう。

●いろいろな特産品がもらえる

もう1つのメリットが、寄附金送付先の自治体の特産品など、豪華な返礼品がもらえることです。ブランド牛やその地域で採れた海の幸に山の幸、お米やお酒、あるいは旅行券や工芸品、乗馬体験のようなコト消費が返礼品とされることもあります。

どこの自治体にふるさと納税を送るか迷ったときは、返礼品の品揃えから選ぶのもいいでしょう。

ふるさと納税の手順

では、具体的にふるさと納税の手順について見ていきましょう。ふるさと納税は、確定申告を行う場合と、ワンストップ特例制度を活用する場合で若干手順が異なります。

<確定申告を行う場合>
(1)寄附したい自治体を選択し、寄附する金額と返礼品を決める
(2)寄附を申し込む(多くの自治体はインターネットで申し込みが可能です)
(3)寄附金を支払う
(4)寄附金送付先の自治体から返礼品と寄附金受領証明書が届く
(5)確定申告をする
(6)所得税の還付、住民税の控除を受ける

<ワンストップ特例制度を活用する場合>
(1)〜(4)までは「確定申告を行う場合」と同様です。
(5)寄附した自治体に対して、ワンストップ特例制度の申請書を提出する
(6)所得税の還付、住民税の控除を受ける
※ワンストップ特例制度は、寄附金を送る段階で申請をしても問題ありません。

税金控除には確定申告かワンストップ特例制度が必要

ここまで触れてきたように、ふるさと納税をして税金の控除を受けるためには「確定申告」をするか、「ワンストップ特例制度」を活用することが必要です。

ワンストップ特例制度とは、確定申告を行わなくても税金控除を受けることができる仕組みです。寄附金を支払った後に自治体から送られてくる「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」という書類に必要事項を記入して、自治体に送り直すことで控除を受けられます。

なお、ワンストップ特例制度を活用するには(1)確定申告をする必要のない給与所得者であること(年収が2000万円を超える人は確定申告をする必要があります)、(2)年間の寄付先が5自治体以内(1つの自治体に数回寄附を行っても、1回とカウントされます/6自治体以上にふるさと納税を行った場合には確定申告が必要になります)、(2)申し込みのたびに申請書を郵送している、という3つの条件に該当している必要がありますので注意しましょう。

確定申告をする際には、ふるさと納税の合計金額を記入することと、寄附金控除の証明書を提出する必要がありますので、忘れないように注意しておきましょう。

ふるさと納税のお得な使い方

ここまで紹介したように、ふるさと納税はとてもお得な制度です。そんなふるさと納税をさらにお得に使う方法がありますので、最後にそれを紹介します。

●ポイントサイト経由でポイントが貯まる

ふるさと納税は、ポイントサイト経由で寄附金を送ることもできます。これを活用すれば、ふるさと納税で税金が控除されることに加え、ポイントサイトのポイントを貯めることもできます。「ハピタス」や「モッピー」など、大手ポイントサイトの多くはふるさと納税関連の案件がありますので、ぜひ調べてみましょう。

●支払いをクレジットカードにする

寄附金をクレジットカードで支払うと、その分カードのポイントが貯まるのでとてもお得になります。多くの自治体はクレジットカードで支払うことができますが、一部の自治体ではクレジットカードを利用できないので、各自治体のホームページなどをしっかり確認して、寄付先を決定するようにしましょう。

ふるさと納税は地域活性化にも貢献できる上、お得な思いもできる嬉しい制度です。興味がある方は是非取り組んでみるといいでしょう。

  • Share on Google+
  • はてな

関連記事

オススメ記事