副業で笑おう

会社員や主婦、学生など、ダブルワークでお金を稼ぎたいすべての方のために。
副業情報や税金に関する知識など、お金にまつわる役立つ情報を発信していきます。

  1. 副業TOP
  2. ネット関連の副業
  3. 【2018年版】おすすめクラウドソーシングサイトまとめ
ARTICLE

【2018年版】おすすめクラウドソーシングサイトまとめ

インターネット上で仕事の依頼が当たり前にできるようになった現代。クラウドソーシングサイトも、ここ数年の間に大幅な増加をみせました。数あるクラウドソーシングサイトから登録サイトを選ぶのは、時間と労力がかかるもの。そこで、おすすめできる10のクラウドソーシングサイトを、サイトの特色を踏まえつつご紹介したいと思います。

クラウドソーシングサービスの種類

クラウドソーシングサイトの種類は、「総合型」と「特化型」の大きく2つに分けられます。クリエイティブ系・事務作業系・マーケティング系・システム系など、案件を総合的に扱うものが「総合型」です。一方、「特化型」は、ライティングのみ・デザインのみなど特定のジャンルに絞る、サイトのターゲットを主婦に絞るなど、特定のジャンルやターゲットに絞っているのが特徴です。

おすすめのクラウドソーシングサービス

それでは、おすすめのクラウドソーシングサービスをご紹介していきます。あなたに合ったサービスを探してみてください(本文に記載されている情報は2018年8月時点のものです)。

●Lancers(ランサーズ)

国内初のクラウドソーシングサービスで、その規模は日本最大級。総依頼件数は200万件以上、依頼総額は2000億円以上、職種は141カテゴリと、大手の総合型ソーシングサイトです。案件数も非常に多く、常に新しい案件がアップされています。老舗・大手ならではの安心感もあります。
・公式サイト:https://www.lancers.jp/

●Crowd Works(クラウドワークス)

クラウドワークスも日本最大級のクラウドソーシングサイトで、2018年時点で約198万人のユーザーが登録しています。職種のカテゴリは180種類以上あり、ジャンル問わず、案件数もとても充実しています。国内ではランサーズと2強の状態で、ランサーズとクラウドワークスは初心者からベテランまで、多くの人が活用しています。案件を知る・見るといった意味でも、ランサーズとクラウドワークスは登録しておいて損はないでしょう。
・公式サイト:https://crowdworks.jp/

●coconala(ココナラ)

500円のワンコインで「自分のスキルを販売できる」サイトです。販売するスキルは似顔絵の作成や悩み相談、パソコン操作のレクチャーなど、基本的にどんなものでもOK。他のクラウドソーシングサイトにはない案件も多く、自分の個性や特技を発揮することができます。ボーナスがもらえる機能やランク制度も導入されているので報酬アップも可能です。いろんなスキルが販売されているので、サイトを見ているだけでも楽しめます。
・公式サイト:https://coconala.com/

●shufti(シュフティ)

主婦の方を中心に、初心者向けの案件を多く取り扱っています。とくにブログ記事やコラム、体験談の執筆、データ入力や商品登録といった事務作業が豊富。宛名書きや礼状の代筆といった内職もあります。独自の教育サポートが用意されているので、スキルアップしていきたい人にもおすすめ。ランサーズやクラウドワークスには若干劣りますが、仕事の依頼件数・クライアント数も多い大手のサイトです。
・公式サイト:https://www.shufti.jp/

●Bizseek(ビズシーク)

Webメディア事業に強みを持つ企業が運営するサイトです。ランサーズなどと比べると案件数は多くありませんが、簡単な事務作業案件からデザインやシステム系まで、幅広く案件を扱っています。まずはクラウドソーシングサイトを気軽に試してみたいという方、サブサイトを探しているという方にはおすすめです。
・公式サイト:https://www.bizseek.jp/

●Shinobiライティング

ライティング案件に特化したクラウドソーシングサイトです。ブログ記事作成案件を中心に、取材案件なども豊富に扱います。美容・健康・グルメ・転職など、さまざまな記事カテゴリが用意されているので、ライティングで稼ぎたい、得意な分野で執筆したいという方は必見です。多くのソーシングサイトでは報酬が発生した際「システム利用料」や「手数料」といった名目で、10〜25%程度が差し引かれますが、Shinobiライティングは手数料無料。やった分だけ報酬を得られるのが魅力です。
・公式サイト:https://crowd.biz-samurai.com/

●ジョブハブ

人材派遣大手のパソナテックが運営しているので、安心感・信頼感は抜群です。大手企業や成長中の優良企業など、600社以上が利用しています。通常のクラウドソーシングタイプのほか、人材ビジネス企業の強みを活かした「アウトソーシングタイプ」も用意されていて、仕事のオファーを受けることも可能です。手数料もかかりません。
・公式サイト:https://jobhub.jp/

●サグーワークス

文章を書いてポイントを獲得する「サグーライティング」と、アンケートに答える「サグーリサーチ」の2種類のみに特化しています。アンケートは質問に答えていくだけのお仕事なので、スキマ時間の活用にもぴったり。ライティングは初心者でもOKなライトな案件から、高額なプロレベルの案件まで幅広くあります。手数料が発注側負担なのも嬉しいポイントです。
・公式サイト:https://works.sagooo.com/

●Craudia(クラウディア)

総合型クラウドソーシングサイトですが、ライティングとシステム開発の案件が多く、幅広い層の登録者がいます。「時間制方式」という、作業時間に対して報酬を支払う方式を導入されているのも特徴です。ランサーズやクラウドワークスに比べて案件数は少なめなので、複数登録のサブとして使うと良いでしょう。
・公式サイト:https://www.craudia.com/

●CROWD(クラウド)

ライティング案件を中心に、ブログ記事作成、データ入力などを豊富に扱います。人気ポイントサイト「げん玉」と同じ運営元で、げん玉とのポイント共有が可能。仕事をするとポイントが貯まりますが、交換先も多数あります。
・公式サイト:https://www.realworld.jp/crowd/work

サイトごとに特色があり、メリット・デメリットがあります。「大手サイトだから相性がいい」「規模の小さいサイトでは稼げない」ということはありません。自分の力量や得意な仕事などに応じた「自分に合った案件が多い」ということが重要です。複数のサイトに登録してみて、案件の質やサイトの使いやすさなど比較してみると良いでしょう。

  • Share on Google+
  • はてな

関連記事

オススメ記事