副業で笑おう

会社員や主婦、学生など、ダブルワークでお金を稼ぎたいすべての方のために。
副業情報や税金に関する知識など、お金にまつわる役立つ情報を発信していきます。

  1. 副業TOP
  2. ネット関連の副業
  3. 在宅ワークにおすすめ!クラウドソーシングでの仕事の始め方
ARTICLE

在宅ワークにおすすめ!クラウドソーシングでの仕事の始め方

ライフスタイルに合わせて、自宅で気軽に副業をしたい。そんな方に活用してもらいたいのが「クラウドソーシング」です。スキマ時間や短時間でできる案件も豊富で、職種もさまざま。働き方やスキルに合わせて仕事が選べるので、主婦やOL、サラリーマン、学生など、多くの人が活用しています。クラウドソーシングで募集されている仕事や始め方といった基本的なことから、クラウドソーシングサイトの選び方、仕事探しのポイントなど、押さえておきたい情報まで、わかりやすく解説します。

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシングとは、インターネット上で、不特定多数の人に仕事を委託するサービスです。クラウド(Crowd)は「群衆」を意味し、ソーシングは「Outsourcing=外部委託」を意味します。クラウドソーシングで仕事を受注・発注したい場合、事前にサイトへの会員登録が必要です。仕事の発注者(クライアント)はクラウドソーシングサイトに案件を掲載し、作業者を募集。作業をしたいという人はその掲載情報を見て応募し、選考が通れば受注者となり、作業することができます。いわば企業と働き手のマッチングをするWebサービスです。

クラウドソーシングのメリット

クラウドソーシングで副業をすることには、次の4つのメリットが存在します。

●仕事を選べる

会社などでは不得意な仕事、やりたくない作業も指示があれば行わざるを得ません。一方、クラウドソーシングサイトでは多彩な仕事が募集されていて、自分のスキルを活かせる仕事・やりたい仕事を選ぶことができます。副業に割ける時間に応じて仕事量も調整できるので、プライベートや本業に支障をきたしにくいのもメリットです。最初のうちは軽い案件からやってみて、慣れてきたら仕事を増やしていくようにすると良いでしょう。

●好きな時間に仕事ができる

作業のタイミングは基本的に自由。OLやサラリーマンの方が終業後帰宅してから、主婦の方が日中の子供や旦那のいないタイミングに…など、ライフスタイルに応じて調整ができます。本業の仕事が不規則な方、時間の融通がきかない方にもおすすめです。

●場所を選ばない

パソコンとインターネット環境があれば、自宅でもどこでも作業場所は問いません。案件探しから発注者とのやり取り、報酬の支払いなど、基本的にすべてインターネット上で行うことができます。

●スキルアップにつながる

自分の持つスキルを駆使して仕事をするので、スキルをさらに伸ばしていくことができます。クラウドソーシングの場合、スキルの高い人ならその分だけ報酬の高い案件を獲得することが可能。自分の成長が報酬に反映されやすいのがメリットです。また、これから新たにスキルを身に付けたいという人にも、利用価値は高いと言えます。最初は簡単な案件からスタートし、案件を重ねて徐々にレベルアップしていきましょう。

募集されている主な仕事の種類

クラウドソーシングにおける仕事の種類は、誰にでもできる簡単なものから、専門的なスキル・知識を要するものまで非常に幅広くあります。求められるスキル・知識に応じて報酬も比例していきます。ここでは、クラウドソーシングサイトで扱う代表的な仕事を紹介します。

●データ入力

データ入力は募集も多く、パソコンのタイピングができる方なら問題なくできる仕事です。特別なスキルが必要ないので、在宅ワーク初心者にも参加ハードルは低くなっています。仕事内容はいたってシンプルで、マニュアルに沿って指定された文章をパソコンに打ち込むだけ。なかにはインターネットを使って調べる作業が付いている案件もあります。作業的な負担はありませんが、その分報酬も安価です。

●ライティング

指定されたテーマや文字数に応じて、Webサイトなどに掲載する文章を作成する仕事です。ライティングは案件によって報酬がかなり違います。専門知識やライティング経験がなくてもできる初心者向け案件は安価になりがち。安いものだと1文字あたり0.5円〜0.8円ということも珍しくありません。専門的な知識(医療・金融・法律・プログラミングなど)やライティングスキルを要する案件であれば、報酬も高額になります。

●デザイン

Webサイトやチラシ、ポスターなどのデザインを制作する仕事です。PhotoshopやIllustratorといったソフトが使える方にはおすすめ。案件にもよりますが、単価も比較的高めなことが多いです。

●プログラミング

システム開発やアプリ開発の仕事です。スキルや知識が求められるため報酬も高額で、1件30〜50万円といった案件も多数。案件の規模によって要する期間や扱う言語は異なります。プログラミングのスキルは今後ますます求められる時代になるので、クラウドソーシングサイトを使ってスキルアップや実績作りをしておくと良いでしょう。

クラウドソーシングでの仕事の始め方

●必要なものを準備

報酬を受け取るための銀行口座が必要です。手持ちの銀行口座を使っても支払いに差し支えありませんが、副業専用の口座をつくっておくのがおすすめ。プライベートや本業の入出金と混ざることがなく、とくに確定申告が必要となった際に口座が別になっているとスムーズです。クラウドソーシングサイトによっては銀行振込以外にも、ギフトカードや電子マネーと交換できる場合もあります。

また、会員登録にはメールアドレスが必要なので、事前に用意しておきましょう。業務で発生するやりとりにメールを使うこともあります。口座と同様に副業専用のフリーメールを取得しておくと、混乱が避けられるので便利です。

●クラウドソーシングのサイトに登録

募集案件の詳細情報を閲覧したり、応募したりするには、クラウドソーシングサイトへの登録が必要です。自分が利用したいクラウドソーシングサイトにアクセスし、登録フォームに必要情報を入力しましょう。あとは画面の指示に従って操作するだけなので、とても簡単です。クラウドソーシングサイトへの登録は無料なので、安心して利用できます。

●プロフィールを作成

クライアントは作業者のプロフィールを見て、仕事を発注するかどうか決めます。自己PR文、持っているスキル、得意分野、今までの簡単な経歴などを入力しておきましょう。プロフィール写真を登録しておくと、受注をしやすくなるとも言われています。顔写真でなくても構わないので、何か自分のアピールになるような写真を設定してみてください。

●仕事を探す

豊富な案件の中から、自分のスキルに合った仕事を探して応募してみましょう。どんな仕事内容で、報酬はいくらか、いつまでに納品するか、注意事項はあるかなど、必ず案件詳細を確認してください。まずはデータ入力など、簡単で短時間で終わる仕事から始めるのもおすすめ。応募から報酬を得るところまで、全体の流れが見えてきます。感覚をつかんだら、規模の大きい案件や、もっと自分に合った案件に応募してみましょう。

●仕事を行う

クライアントから発注をもらったら、作業に取り掛かります。クライアントの提示した作業内容をよく理解しておくことが大切。とくにデザイン制作や映像制作などは、クライアントがどのようなものを求めているのか、しっかりとヒアリングしておきましょう。最初の認識がズレていると、せっかく納品してもやり直しになってしまうこともあり、予想以上に時間がかかってしまいます。

●報酬を得る

クライアントの確認が完了すると、報酬を受け取ることができます。終わったその日に報酬が振込まれるということはなく、毎月15日締め・当月末払い、といったように期間があくのが一般的です。クラウドソーシングサイトによって報酬の振込時期は異なります。事前に締め日と振込日を確認しておきましょう。

クラウドソーシングのサイト選びのポイント

●自分に合った案件があるか

インターネット上には、たくさんのクラウドソーシングサイトがあります。どんな職種の案件が多いかなど、自分の求める条件に近いサイトを選ぶようにしましょう。合わないサイトの場合、仕事の発注が得られず、稼ぐことが難しくなります。

●実績のあるサイトか

サイトの設立年数、登録企数数、登録ユーザー数、総依頼件数(過去にどれくらいの仕事が発注されているか)など、クラウドソーシングサイトの実績を確認しましょう。実績のあるサイトは案件数も多いので受注につながりやすく、セキュリティの面でも安心して使用できます。

●口コミ・評価はどうか

実際に利用したことのある人・利用している人の意見を参考にするのも有効な手段です。クラウドソーシングサイト自体には、基本的にデメリットは書かれていません。利用者にしかわからないメリット・デメリットがあるので、それぞれチェックしてみると良いでしょう。

クラウドソーシングの仕事探しのポイント

●仕事のやり方を考える

クラウドソーシングには、案件によって仕事の進め方がちがいます。大きく次の3つに分けられます。

<タスク方式>
データ入力など、単純作業や比較的簡単な仕事が多いのが特徴で、全体的に単価は安めです。短時間でできる作業がメインなので、空いた時間を活用できます。なかには20件、30件など、まとまった件数をこなす案件もあります。

<プロジェクト方式>
Webサイト制作、アプリやシステム開発、映像制作などは、プロジェクト方式が用いられることが多いです。タスク方式に比べて案件の規模が大きく、その分野のスキルを求められます。応募者の中からスキルや経験に応じて人選するため、応募の際には自己アピールを。タスク方式よりも高額報酬を得られる案件が豊富なので、スキルを活かしたい方は応募してみましょう。

<コンペ形式>
企業ロゴのデザイン、キャッチコピー、ネーミングなどでよく用いられる方式です。クライアントは不特定多数の応募の中から、気に入った作品だけを採用します。気軽に応募できる反面、ライバルがかなり多いのが特徴。自分の作品が選ばれなければ報酬は得られませんが、採用されれば良い実績になります。

●本業に支障がでないかを考える

副業の基本は「本業への支障を出さないこと」。副業が忙しすぎて本業に身が入らない…などはNGです。主婦の方なら家族との時間や家事の時間をきちんと確保した上で副業を行ってください。

クラウドソーシングのメリットは「自分に仕事を合わせやすい」こと。このメリットを活かし、在宅副業で稼ぎましょう。

  • Share on Google+
  • はてな

関連記事

オススメ記事