副業で笑おう

会社員や主婦、学生など、ダブルワークでお金を稼ぎたいすべての方のために。
副業情報や税金に関する知識など、お金にまつわる役立つ情報を発信していきます。

  1. 副業TOP
  2. 副業おすすめランキング
  3. 公務員必見!公務員でもできる副業ランキング
ARTICLE

公務員必見!公務員でもできる副業ランキング

2018/08/08
国家公務員・地方公務員ともに、公務員の副業は原則とし禁止されています。違反があった場合、懲戒処分を受けることも。ただし、一定の条件を満たしている場合には、公務員でも副業をすることが可能です。副業を考えている公務員の方にぜひ知っていただきたい、おすすめの副業を一挙公開します。

公務員が副業したらバレる?

公務員の副業がバレる理由は大きく3つあります。

1つ目は住民税です。副業での所得が年間で20万円を超えた場合、確定申告が必要です。所得が増えれば住民税も増額されます。給与管理の担当者が「税金の金額がちがう」と気づけばバレてしまいます。

2つ目はひとりの職員の副業が発覚し、それを機に行われた調査からバレてしまうケース。とばっちりのようにも思えますが、いつ調査が行われるかはわからないものです。

3つ目は職場の人や市民など第三者からの密告。アルバイトをしているところを市民に目撃された、あるいはアルバイト先のスタッフに公務員だとバレてしまってといったケースです。また、同僚などに副業のことを話してしまった結果、密告されるということも。安易に副業のことは口にしないようにしましょう。

バレずに副業をやるためにやるべきこと

●副業の収入を抑える

雑所得や事業所得の場合、副業の所得(収入から経費を引いた金額)が20万円以下であれば確定申告は不要です。また、確定申告書の第二表にある「給与・公的年金等に係る所得以外の所得に係る住民税の徴収方法の選択」で「自分で納付」にチェックを入れておくと、副業分の住民税決定通知書は自宅に届くのでバレるリスクを減らすことができます。なお、アルバイトなどの給与所得であれば、所得が合算されるため基本的にバレると考えておくべきでしょう。

●許可を取る

国家公務員・地方公務員ともに原則として副業は法律で禁止されています。しかし、いずれも申請書を提出することで、副業の許可が得られることも。副業内容が「地域活動に貢献している」「規模が大きくなく本業に支障が出ない」などの場合、許可がおりる可能性が高くなります。

公務員でもできる副業ランキング

それでは、公務員の方にもできるおすすめの副業をランキング形式で紹介していきます。

1位:不動産投資

小規模な不動産投資は副業とみなされないため、許可を得る必要がありません。長期的な安定収入が望めるため、多くの公務員が不動産投資を利用しています。ここで言う小規模とは「一軒家なら5棟未満」「アパートやマンションなら5棟10室未満」「年間の賃貸収入が500万円未満」を指します。また「管理は業者に委託すること」も条件として定められています。ただし、規模が大きくなる場合や遊戯施設、旅館などを経営する場合は、許可を得る必要があります。

2位:株式投資

株式投資はそもそも副業とはみなされないため、公務員が行っても問題ありません。スマホからでも手軽にできるので、終業後などに気軽できます。定年後も続けられる点もメリットです。運用によっては大きなリターンも期待できますが、元本保証はないので損する可能性があります。まずは少額から、無理のない範囲で始めましょう。

3位:投資信託

株式投資同様、投資信託も資産運用になるので公務員が取り組むことが認められています。投資信託はファンドマネージャーが運用を代行してくれるため、自分ではとくに手間をかけなくて良いところがメリット。公務員の職務に支障をきたす心配もありません。知識が浅くても始められますが、株式投資や FXに比べて配当が少ない、運用代行に対する手数料がかかるなどのデメリットもあります。

4位:FX

FXというと、常に市場から目を離せず、副業には向かないと思いがちです。しかし、最近では自動で売買ができるツールやAIを駆使したツールが出てきていて、忙しい人でも運用しやすくなっています。1万円程度の少額でも始められるため、参入しやすい点も魅力です。ただし、いくら副業には該当しないからと、職務を忘れて没頭すると注意を受けることになります。

5位:農業

「営利目的でない」「農地や売上げが小規模である」といった農業は自営や副業とみなされないため、許可を取る必要がありません。規模が大きくなる場合などは許可が必要となりますが、農業は担い手の減少が問題視されているため、社会的ニーズが高くなっています。「実家が農家で家業を引き継ぐ」といった場合などは、許可を得られる可能性が高くなります。

6位:太陽光電気の販売

太陽光発電は「発電量が10kW未満」であれば副業には該当しません。自宅の屋根に太陽光パネルを設置し、自宅の使用分から余った電気を売る程度なら問題ないでしょう。

7位:アフィリエイト

自分でブログやホームページを開設し、そこに広告を貼って紹介料として報酬を得る方法です。上手くいけば定期的な収入につながります。ただし、基本的にアフィリエイトは副業に該当するので注意が必要です。きちんと許可を取るか、年間20万円以内に収まるよう調整しましょう。

8位:共済制度

公務員が加入する「共済組合」は貯金事業を行っています。共済組合の場合、一般的な銀行に預けるよりも金利がかなり高く設定されています。定期預金でみてみると、比較的金利の高いネットバンクであっても金利は0.25%ほど。都市銀行だと0.01〜0.25%くらいが相場です。一方、共済組合であれば、年利が1%以上のところが多数あり、高いところだと1.7%というところも。国家公務員か、どの市区町村の地方公務員なのかによって異なりますが、少しでも預金を増やしたいということであれば、利用する価値は高いといえます。

公務員でもできる副業をご紹介しましたが、大切なのは「本業を第一に考えること」です。立場を忘れて副業に没頭することのないよう、調整しながら行いましょう。

  • Share on Google+
  • はてな

関連記事

オススメ記事