副業で笑おう

会社員や主婦、学生など、ダブルワークでお金を稼ぎたいすべての方のために。
副業情報や税金に関する知識など、お金にまつわる役立つ情報を発信していきます。

  1. 副業TOP
  2. ネット関連の副業
  3. よくあるネット副業詐欺の手口と対策
ARTICLE

よくあるネット副業詐欺の手口と対策

ひと昔前は「副業」と聞くとあまり良くない、後ろめたい印象がありました。しかし、最近では大手企業でも副業を許可するケースが増えていて、副業がカジュアルになりつつあります。そういった背景もあり、ネット副業をする人が増加する一方、「詐欺被害」も増えてきているのが現状です。うまい話には裏があります。副業詐欺の手口や騙されないための対策を知り、被害者にならないよう気を付けましょう。

よくあるネットの副業詐欺の手口

ネット副業詐欺には、大きく2つのタイプがあります。

1つ目は「正当な報酬を支払わない」タイプです。きちんと自分が仕事をしたにも関わらず、こちら側に非があるかのように難癖をつけ、支払いを拒否したり、報酬額を下げられたりします。例えば、依頼内容に従って作成したのに「クオリティが低いので使えない」などと言ってきます。

仕事を請け負う前に相手の氏名・住所・電話番号は確認し、信頼できる相手だと判断してから仕事をするようにしてください。クラウドソーシング会社を介して仕事を受ける、業務の契約内容をメールなどで残るようにするといった対策も有効です。

2つ目はさらに悪質で、「お金を払わせる」タイプです。登録料などと称しお金を騙し取ろうとしてきます。その仕事をするために「自分が何かしらのお金を払う」というのは、基本的にすべて詐欺です。絶対払わないようにしてください。

<こんなワードが出てきたら注意>
・登録料
・入会金
・制作費
・材料費
・情報提供料
・紹介料 など

それでは、具体的にどのようなネット副業詐欺があるのか、見ていきましょう。

サイト開設の詐欺

「月に何十万稼げる」「すぐに元がとれる」といった言葉を用い、ネットショップの制作や運行代行を勧めてくる詐欺です。

<例>
・ネットショップを制作したが利益が上がらず、連絡をとろうとしたが音信不通になっていた。
・「月額2万円で運行代行」「年間20万円でネットショップをリース」と、利用料を要求するがお金を持ち逃げする。

仕事のあっせん詐欺

「仕事を紹介する」などと言い、手数料や保証金といった名目でお金を支払わせようとします。仕事の依頼が来ることはなく、音信不通になることがほとんどです。なかには仕事道具や教材を購入させるケースも。また、前述したように難癖を付けられて報酬をもらえなかった、不当に安い金額で買い取られたというケースもあります。

<例>
・「登録してくれた方のみに仕事を紹介」などと言い、最初に登録料を支払わせる。
・「資格を取ってくれたら優先的に仕事をまわす」「業務で使用する道具を購入する必要がある」などと言って、高額な教材や道具を買わせる。

ソーシャルメディアでの詐欺

ソーシャルメディアの普及に伴い、LINEやインスタグラムなどを使った詐欺も増えています。とくにインスタグラムを使った詐欺が頻繁に起こっていて、主なターゲットは主婦や20〜30代の女性です。アカウントは一見どこにでもありそうな普通のものを使っています。とくに何かを勧めてくるわけではなく、投稿や写真を充実させる、ハッシュタグを使うなどしてターゲットを集めます。

「1日5分で月10万円」などと、甘い謳い文句を使った投稿をしていて、LINE IDが載せられていることが大半です。メッセージなどで副業の内容や報酬を聞くと「LINEで詳しく教えます」と言った返信がきます。投稿に内容を書いているケースはほとんどありません。

お金の写真を投稿していることが多く、他にも子供の画像をアップするなどして親近感を持たせようとします。

これらの特徴が見られる場合は、詐欺の可能性があるので疑って掛かり、安易に仲良くしない方が良いでしょう。

情報商材の詐欺

アフィリエイトやギャンブルなどの情報を購入させる詐欺です。なかには、きちんと情報を提供している商材もありますが、情報商材には明確な基準が定められておらず、適当な情報を載せているものが目立ちます。

怪しげな情報商材には、まず手を出さないようにしましょう。特に、クレジットカード情報は入力しないように。悪用される恐れがあります。

<例>
・「ネットで月100万円稼ぐ方法」などと謳った情報商材。
・「万馬券を当てる裏技」などとギャンブルをネタにした情報商材。

副業詐欺に騙されないための対策

では最後に、副業詐欺に騙されないための対策をお教えします。ポイントは「疑う」ことです。

上手い話には乗らない

詐欺の特徴として「決まり文句」「甘い謳い文句」があります。例えば「在宅副業で月10万円」「空いた時間で20万円」「初心者でも確実に稼げる」「すぐに10万円稼げる」などです。初心者でも・楽に・すぐにお金を稼げるということをアピールしてきます。

怪しいと感じても「もしかしたら…」と、つい期待を持ってしまう方もいるでしょう。また、ちょっとした好奇心から「試しに…」と誘いにのってしまう方もいます。

しかし、知識も経験もない方がすぐに高額報酬を得ることは、まず有り得ません。生活や収入面で不安がある、お金がなくて窮地に追い込まれているような場合、冷静な判断ができなくなりますが、一度時間を置いて考えるようにしましょう。

世の中、うまい話はそうそうありません。怪しいと思うものは、避けるべきだと言えます。

知らないものには手を出さない

仕事内容をよく理解できないものは手を出さないようにしましょう。どんな仕事で、いくらくらい稼げるのか、きちんと理解・納得した上で始めるようにしてください。

とくに、あまり働いた経験のない学生や主婦の方は詐欺の対象とされやすく、注意が必要です。自分の知らない仕事内容だと「そういうものなんだ」と、つい手を出してしまうことも。興味を持つ仕事が見つかるのは良いことですが、内容についてきちんと調べる必要があります。

事前に情報収集する

副業を始める前に、しっかりと情報を集めましょう。「どんな仕事内容なのか」「報酬の相場はどれくらいか」「事前に準備するものがあるのか」など、基本的な知識があれば甘い言葉に惑わされる可能性はぐっと下がります。自分ひとりで判断せず、周囲に相談してみるのも方法のひとつです。

悪質な業者は、あの手この手と手法を変えて騙そうとしてきます。「怪しいと思う副業には手を出さない」「お金は払わない」は原則です。副業を選ぶときは報酬だけで決めず、本当に信用できるのかを第一に考えるようにしてください。

  • Share on Google+
  • はてな

関連記事

オススメ記事