副業で笑おう

会社員や主婦、学生など、ダブルワークでお金を稼ぎたいすべての方のために。
副業情報や税金に関する知識など、お金にまつわる役立つ情報を発信していきます。

  1. 副業TOP
  2. 副業おすすめランキング
  3. 【2018年版】サラリーマン向けの副業おすすめランキングTOP10
ARTICLE

【2018年版】サラリーマン向けの副業おすすめランキングTOP10

企業が副業を推奨する動きが活発化している昨今。「これから副業を始めてみよう」と考えているサラリーマンの方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、「サラリーマン向けの副業おすすめランキングTOP10」をご紹介します。本業が忙しくても、その合間を縫ってできる副業もありますので、参考にしてみてください。

サラリーマンにおすすめの副業1位:仮想通貨

今、サラリーマンの方に最もおすすめの副業は「仮想通貨」です。これは、インターネット上にあるデータ化された仮想の通貨を購入して価値が高まったタイミングで売却し、その差額で利益を得るという、投資の一種です。1000円以下からスタートすることも可能なため、少額から始められることが1つの魅力です。

2018年には「コインチェック」という仮想通貨取引所での通貨流出事件なども起こりましたし、不安に感じる方もいるかもしれません。実際、まだまだ新しい投資商品のために価格変動が激しく、大きな損失を出してしまう可能性もあります。ただそれは、大きなリターンを得ることにもつながります。

損失した場合の上限を設定する、定期的に換金を行う、ニュースにはしっかりと目を通すといったことを行い、リスク管理をしながら取り組んでみるといいでしょう。

サラリーマンにおすすめの副業2位:アフィリエイト

アフィリエイトとは、ホームページやブログなどを作成・運営し、そこに広告を貼ることで収益を得るという副業です。自分のホームページ・ブログ経由で商品やサービスが売れると、その分収益が高まるので、「成果報酬型」とも呼ばれます。

このアフィリエイトがおすすめなのは、一度コツを掴むと安定的に稼ぎやすいからです。ただしその反面、初心者がいきなり成果を出すのは難しく、ある程度の金額を得られるまでおおよそ半年ほどはかかると言われています。とはいえ、投資などよりもリスクは低い副業ですし、アフィリエイトだけで生計を立ててる人もいるため、「インターネットが好き」「文章を書くのが好き」という人はチャレンジしてみるといいでしょう。

サラリーマンにおすすめの副業3位:FX

3位でご紹介するのが「FX(外国為替証拠金取引)」です。これは、日本円をドルやユーロといった外国の通貨に換え、その際に変動する為替レートを利用して利益をあげる投資です。例えば為替レートが1ドル100円のときに買って、その後ドルが値上がりして120円になったタイミングで売ることができれば、20円の利益となります。扱う金額が大きくなればなるほど、利益もアップしていきます。

後でご紹介する株式投資の場合、まとまった金額を手にするためには数十万円から数百万円の初期投資が必要となりますが、FXの場合、数百円から数千円ほどの少額からでも始められますので、一攫千金を狙いたいという人にはうってつけです。ただし、FXは短期間で通貨の価値が変動し、油断すると大きな損失を被ることもあります。したがって、FXに取り組む際にはしっかりと知識を蓄え、リスク管理を怠らないことが重要と言えるでしょう。

サラリーマンにおすすめの副業4位:アドセンス

アドセンスは、2位で紹介したアフィリエイトに似た副業です。こちらも自分のホームページやブログに企業の広告を掲載するものですが、商品が売れた分だけ収益を得られるアフィリエイトと違い、アドセンスは広告がクリックされると収入を得ることができます。

収入を得るまでのハードルはアフィリエイトより低いことが大きな魅力ですが、その分単価は低く、1クリックあたり10円程度ということも珍しくありません。ただし、繰り返しになりますが、アフィリエイトよりもハードルが低いことは十分なメリットと言えますので、初心者の方はまずアドセンスで経験を積み、ある程度の収益をあげられるようになったらアフィリエイトにも挑戦をしていくというステップを踏むといいでしょう。

サラリーマンにおすすめの副業5位:ネットオークション

気軽さで言えばさらに上位にランクインしてもいい副業が「ネットオークション」です。オークションサイトやフリマアプリなどを使い、自宅にある不用品を販売するという副業です。

この副業の魅力は、簡単さと収益を得られるまでのスピードです。出品方法としては、「ヤフオク!」や「メルカリ」、「モバオク」といったフリマアプリをダウンロードして登録を行い、出品物の写真を撮影し、値段を付けるだけ。出品後すぐに買い手が着くことも珍しくはありません。人気のアイテムとしては、洋服や書籍、DVD、雑貨やインテリアなどです。不用品を出品するので商品を仕入れる手間も費用もかかりませんし、自宅も綺麗に片付けることができるので、一石二鳥と言えるでしょう。

ただし、ある程度まとまった金額を得るには高価な商品を出品したり、数を出さなくてはなりません。そのため、他の副業と並行しながら取り組む形がいいかもしれません。

サラリーマンにおすすめの副業6位:ライティング

何らかのテーマに関する文章を作成する仕事がライティングです。後で紹介しますが、クラウドソーシングというマッチングサービスを活用することで仕事を得られます。

扱うテーマは多岐に渡り、美容系、不動産系、エンタメ系など様々です。医療系や金融系、プログラミング系など、専門領域のライティングができる人は重宝され、報酬単価も高くなる傾向にあります。

初心者でも文章力に自信があれば定期的に仕事を得ることが可能ですので、多くのことに興味がある、文章を書くことが好きという人はチャレンジしてみるといいでしょう。ただし、他のサイトなどからパクるようなことをしてしまうと依頼主に悪影響を与え、再び仕事を得ることはできなくなってしまいますので、十分に注意しましょう。

サラリーマンにおすすめの副業7位:クラウドソーシング

ライティングの項でも少し触れましたが、クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい企業や個人と、仕事をしたい企業や個人をマッチングさせるサービスのことです。「ランサーズ」「クラウドワークス」「Yahoo!クラウドソーシング」といったものが代表的なサービスです。

クラウドソーシングでは、デザイン制作やシステム開発、映像制作といった仕事が多く、本業で培ったスキルを活かして副収入を得ることができます。

「専門的なスキルを持っていない」という方でも、ライティングやデータ入力といった簡単かつ短時間で取り組める仕事も多くあります。こうした専門的な知識やスキルが必要ない仕事については単価が低く設定されている傾向にありますが、興味があれば一度サイトを覗いてみるといいでしょう。

サラリーマンにおすすめの副業8位:株式投資

投資の代表格とも言えるのが「株式投資」です。株式会社が発行する株券を購入し、それを売却したり、配当金を受け取ることで利益を得るものです。

株式投資だけで生計を立てている人も多くいることからもわかるように、そのメリットはリターンの大きさです。また、上記したように株を保有していれば企業から配当金をもらえたり、株主優待を受けることもできるので、あまり高い望みは抱かずに粛々と利益を得ている人も少なくありません。

一方、株式は変動が激しく、政治や経済の出来事によって大きく価値が下落することもありますし、株式を保有している企業が倒産すると、株式は無価値になってしまうこともあります。しっかりとリスクマネジメントをすれば損失を最小限に抑えることもできますので、リスクがあることを理解した上で始めるべきでしょう。

サラリーマンにおすすめの副業9位:スキル販売

スキル販売とは、その名の通り、自分が持っている経験やスキルを売り、その見返りとして収入を得る副業です。7位で紹介したクラウドソーシングの場合、まず先に「発注側のニーズ」があり、それに対して対応できる個人が集ってきます。しかしこのスキル販売は、「自分ができること」が先にあり、それを活用したいという発注者が依頼をして来る形になります。

クリエイティブ系のスキルから、企画書の作成といったビジネス系のスキル、果ては恋愛相談やダイエットのアドバイスといったものまであります。自分のスキルに磨きをかける、人脈作りの一環とするにはオススメの副業と言えます。ただ、ある程度まとまった金額を手にするには時間がかかるデメリットもあるので、その点は理解しておきましょう。

サラリーマンにおすすめの副業10位:不動産投資

最後にご紹介するのが「不動産投資」です。これは、マンションやアパートなどの不動産を購入し、家賃収入を得たり、物件価値が上がったタイミングで売却して差額で利益を得るというものです。株式投資同様、多くの人がイメージする投資と言えます。

不動産という大きな買い物をするには初期投資が必要ですし、災害などによって不動産を失うといったリスクもありますし、しっかりと入居者を集めるための経営手腕と運用コストも求められます。その一方で、安定的に入居者を集められれば、長期的かつ安定的に収入を得ることも可能なことが大きな魅力です。老後を見越して取り組む人も多くいるので、興味がある人はまずは不動産の勉強から始めてみるといいでしょう。

こうした副業をすることで、収入を得るだけではなく、将来のためのスキルアップや人脈作りにもつながります。とはいえ、副業をすることで本業をおろそかにしたり、逆に損失を被ってしまっては本末転倒ですので、しっかりと注意をしながら取り組んでみましょう。

  • Share on Google+
  • はてな

関連記事

オススメ記事