副業で笑おう

会社員や主婦、学生など、ダブルワークでお金を稼ぎたいすべての方のために。
副業情報や税金に関する知識など、お金にまつわる役立つ情報を発信していきます。

  1. 副業TOP
  2. 副業おすすめランキング
  3. 【2018年版】投資系の副業おすすめランキングTOP10
ARTICLE

【2018年版】投資系の副業おすすめランキングTOP10

副収入を増やす方法として人気の「投資」。投資と聞くと「ハイリスクハイリターン」「難しい」というイメージを抱くかもしれません。確かにそのような投資もありますが、安定的に稼げる投資や、初心者でも始めやすい投資もあります。この記事では「投資系の副業おすすめランキングTOP10」をご紹介しますので、ご自分に合う投資を探してみてください。

おすすめの投資副業1位:株式投資

投資と聞くと、多くの人が思い浮かべるのがこの株式投資ではないでしょうか。株式投資とは、株式会社が資金を集めるために発行する株券を購入し、価格が上がったタイミングで売却することで利益を得るものです。売買だけではなく、株式を持っている間に企業からの配当金で利益を得ることもできますし、その企業の製品やサービスを無料、あるいは安価で使える株主優待を得られることも魅力のひとつです。

代表的な投資である一方、株式投資で稼ぐためにはビジネス的な知識が必要ですし、売買のタイミングを逃さないスキルも必要です。また、初期投資にはある程度まとまった金額が必要ですし、万が一、株式を保有している企業が倒産してしまうと、その株式は無駄になってしまいます。そのため、ハイリスクハイリターンな投資であると言えるでしょう。

おすすめの投資副業2位:FX

日本語で「外国為替証拠金取引」を意味するFXは、ドルやユーロといった外国のお金を売買する投資のことです。通貨の価値は一定ではありません。そこで、自分が持っている通貨が値上がりしたタイミングで売り、その差額で利益を得るのがこのFXです。例えば、為替レートが1ドル100円のときに買って、その後ドルが値上がりして120円になったタイミングで売ることができれば、20円の利益となります。

株式投資の場合、初期投資費用として数十万円から数百万円ほど用意しておきたいところですが、FXの場合は少額の投資でも大きなリターンを見込めるので、今人気の投資の1つになっています。その一方、通貨の価値は24時間変動するため、気づかぬ内に通貨の価値が暴落してしまうというリスクもあります。株式投資の場合は初期投資額以上の損失になることはありませんが、FXの場合、初期投資額以上の損失が生じることもありますので、取り組む上で細心の注意を払う必要があります。

おすすめの投資副業3位:仮想通貨

最近話題の仮想通貨。これは、インターネット上にあるデータ化されたお金を購入し、価値が高まったタイミングで売却することで利益を得る投資手法です。

仮想通貨は、インターネット上にある取引所に登録をすれば購入することができます。有名なものとしては「ビットコイン」「イーサリアム」「ネム」といったものがありますが、その他にも数多くの種類がありますので、気になる仮想通貨を探してみるといいでしょう。

仮想通貨の取引で1億円以上も稼いだ人のことを「億り人」と称するように、リターンが大きいことが仮想通貨の一番の魅力です。仮想通貨はまだまだ新しい投資対象ですので、今以上に価値が上昇する可能性があります。また、発行上限が決まっているものが多いので、FXほどのリスクはありません。とはいえ、価値が急落する可能性もありますので、慣れないうちはのめり込みすぎず、また慣れてからも購入する仮想通貨を分散させるなど、しっかりとリスク管理をしておくとよいでしょう。

おすすめの投資副業4位:不動産投資

株式投資同様、昔から取り組む人が多いのがこの不動産投資です。マンションやアパートなどを購入して家賃収入を得る、あるいは物件を売却して差額で利益を得るという投資方法です。

ここまでに紹介してきた投資は、価値が変動することで大きな特徴でした。それは、大きなリターンが得られる一方で、損失が大きくなる可能性が高いことも意味しています。不動産の場合も年数が経つことで価値は変動していきますが、株式投資やFXなどと比べると変動幅は穏やかなため、安定的に利益を得ることができるというのが大きな特徴です。

不動産投資のデメリットは、初期投資額が高額なこと。もちろん数万円では始めることはできず、少なくとも1,000万円以上は必要になるでしょう。また、入居者が集まらなければ収入を得ることはできませんし、災害によって不動産を喪失するという可能性もあります。

おすすめの投資副業5位:投資信託

1位で紹介した株式投資を、自分の代わりに証券会社に属するプロの投資家に行ってもらうのが投資信託です。プロの投資家は初心者と異なり豊富な知識と経験を有しているので、安定的に利益を得られる可能性が高いと言えます。また、最近では100円から始められる投資信託などもあり、少額から始めることができます。さらに、複数の投資対象に分散投資をするので、1つの投資対象の価値が下がっても大きな損失を防ぐことができます。

その一方、プロが代わりに投資をするとはいえ、場合によっては運用がうまく行かず、思ったような利益を得られないことがありますし、元本が割れて損失を被るリスクもあります。また、投資を代行してもらうということは手数料が掛かるため、その分の費用が必要になることも知っておきましょう。

おすすめの投資副業6位:債権投資

債権とは、国や自治体、企業などが投資家からお金を借りる際に発行されるものです。債権には、国が発行する国債、地方自治体が発行する地方債、民間の事業会社が発行する社債などがありますが、こうした債権を保有することで利子を受け取り、利益を得るものが債権投資です。

利子は定期的に発生するので安定的に収入を得られることや、少額から始められるといったことがメリットとして挙げられます。また、売却して換金することも可能です。日本政府が発行する個人向け国債であれば、発行主体が国であることから信用度が高く、また個人向け国債は1万円から1万円単位でスタートすることができるので、初心者はこの辺りから始めるといいかもしれません。

一方で、債権を発行した組織の財務状況が悪化すると、利子を得られない可能性があります。

おすすめの投資副業7位:先物取引

先物取引とは、ある商品の購入時期、購入金額や数量を現時点で決定し、時期が来たらその商品を売買することです。昔から農作物などで用いられる投資方法で、将来的に値上がりしそうなものを予測して先に購入しておき、値上がりがしたら売却します。その差額によって利益を得るというものです。具体的な商品だけではなく、金や株といった「金融先物取引」というものもあります。

上述したように先物取引は購入金額や数量をあらかじめ決定して取引をするので、購入時期が来たときにその価値が上昇していたとしても、支払う金額は変わらないということがメリットとなります。ただし、逆に価値が下落した場合も支払う金額は変わらないため、損をする可能性もあります。実際に先物取引をする場合には、このリスクも念頭に置いておかなくてはなりません。

おすすめの投資副業8位:定期預金

「定期預金って投資なの?」と感じる方もいるかもしれませんが、銀行にお金を預けると利子を得ることができるので、立派な投資と言えます。定期預金のメリットは、何と言ってもリスクが低いことです。万が一預金先の銀行が倒産したとしても、定期預金は元本が保証されているため、1,000万円までは保証がされることになります。

定期預金のデメリットは、利率が非常に低いことです。大手銀行の場合、利率が0.01%ほどですので、仮に100万円を預けていても100円程度しか得ることができません。ただ、最近では大手銀行よりも利率が高いネット銀行などが登場して来ていますので、メインバンクとは別に、ネット銀行に口座を開くという手段もいいでしょう。

おすすめの投資副業9位:外貨預金

8位で紹介した定期預金は国内の銀行に日本円で投資をするものですが、外国の通貨を預金するという投資方法もあります。それが外貨預金です。定期預金と同じく、利息によって収入を得ます。

上述したように、国内の定期預金は利率が非常に低く、これだけでまとまった収入を得ていくことは難しいものです。しかし外貨の場合は日本よりも高い金利を設定している国もあるため、場合によっては定期預金よりも高い収益を得ることができます。

また、外貨預金の場合、預け入れるときと払い戻しを受けるときの為替レートにも注目する必要があります。為替レートとは、2国間の通貨を交換する際の取引価格のことです。例えば1ドル100円のときに外貨預金を始め、その後1ドル110円(=円安)になったタイミングで払い戻しをすると、10円分の利益を獲得することができるのです。外貨の価値は日々刻々と変化をしていくため、ニュースなどで為替レート情報をこまめにチェックすることが重要です。

おすすめの投資副業10位:保険・年金商品

万が一に備えて加入する保険や、老後のために加入する個人年金なども、実は投資と言えるのです。なぜならば、定期的に一定金額を支払うことで、ある条件や時期に達したときにリターンが発生するからです。また、保険や個人年金に加入すると、保険料の控除を受けることができので、支払う税金が安くなるという大きなメリットがあります。また、破綻するリスクも低く、損失を被ることは稀だと言えます。

デメリットとしては、上記したようにある条件や年齢に達しないとリターンを得られないことでしょう。ただし、そもそも万が一に備えて購入する商品ですし、支出を抑えることにもつながるものですので、保険・年金商品は誰に対してもおすすめの投資方法であると言えます。

投資というものはリスクが付き物ですが、知識や経験が溜まれば、投資だけで生活をすることも可能になってきます。まずはリスクの低い投資から始めていき、だんだんとリターンの大きい投資にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

  • Share on Google+
  • はてな

関連記事

オススメ記事