副業で笑おう

会社員や主婦、学生など、ダブルワークでお金を稼ぎたいすべての方のために。
副業情報や税金に関する知識など、お金にまつわる役立つ情報を発信していきます。

  1. 副業TOP
  2. お金を貯めるコツ
  3. もっと収入を増やしたい!社会人の収入を増やす6つの方法
ARTICLE

もっと収入を増やしたい!社会人の収入を増やす6つの方法

一般的な社会人の場合、昇給などで給与が上がるものの、普通に働いている限りは短期間で劇的に収入を増やすことはなかなかできません。しかし、「今の給料で満足している」「これ以上収入をアップしなくても老後に不安はない」と考えている方は、さほど多くないでしょう。

人生はお金がすべてではありませんが、それでも、お金があるに越したことはありません。そこで今回は、社会人の方が収入を増やすために取るべき行動をご紹介していきます。

仕事でお金を稼ぐ

手っ取り早く収入を得るには宝くじやギャンブルといった手段がありますが、ギャンブルはリスクが高く、宝くじを当てるのはそう簡単ではありません。いずれも趣味として楽しむ分には構いませんが、生活のために行うのはおすすめできません。

やはり、お金を稼ぐにはしっかりと仕事をすることが一番です。では、どのような形で仕事に取り組むと、収入を増やすことができるのでしょうか。

●残業をする・出世を目指す

今勤めている会社で働き続けて収入を増やしたいと考えるのであれば、大きく2つの方法があります。1つは残業をすることです。通常、週40時間、1日8時間の労働を超えて働くと残業代が発生します。残業代は、1時間あたり賃金の25%とされているケースが多いため、働いたら働いた分だけ、給与は増えることになります。ただし、無駄な残業は会社に不利益を与えることになるため、目に余る場合には逆に評価を下げ、ボーナスなどに悪影響を与える可能性もあります。また、昨今は働き方改革が謳われているため、会社はできるだけ残業を抑制しようとしています。そもそも残業は健康を害する恐れがありますので、決して無理はせず、無駄な残業は避けるようにしましょう。

もう1つの方法が出世を目指すことです。役職に就けば昇給し、手当もつくことが多いので、収入の大幅アップも期待できるでしょう。

●転職する

今の会社で頑張って働いても収入アップが望めない場合、転職をすることも1つの手です。終身雇用制度が崩壊した現代にあって転職は当たり前のことですし、収入アップが転職動機の人も珍しくありません。

また、今の会社と給与が変わらないとしても、休暇日数や労働時間、福利厚生など、環境面での改善が望めるのであれば、その分自分の時間を持てるようになります。空いた時間で副業などをすれば結果的に収入アップを実現できるようになるでしょう。

●独立・起業する

劇的に収入アップを望みたいのであれば、組織に属するのではなく独立をしたり、起業して自らが経営者になることが有効です。会社員として働いている限り、残業代やボーナスなどのプラス要素はあるものの、給与は一定です。しかし、独立・起業をすれば、働けば働いた分だけ収入は増えることになります。

ただし、独立も起業もハイリスクハイリターンです。人脈やスキルがなければ仕事を得ることができませんし、自己出資で設立した会社が倒産すれば自分の資産を失うことにもなります。したがって、「給与を上げたいから」という理由だけで独立・起業をするのではなく、仕事を通して何をしたいのか、どんなことができるのかをしっかりと考えた上で実行に移すべきでしょう。

共働きで収入を増やす

会社で働きながら収入をアップするもう1つの手段が、「共働き」をすることです。これは結婚をしている人でなければできないことですが、自分の年収が400万円だとしても、配偶者も働いて300万円の年収を得られれば、世帯年収は700万円となります。差し引かれる税金のことや、将来の年金のことなどを考えると、1人で700万円稼ぐよりも、配偶者2人で700万円を稼ぐ方が実はお得なのです。

また、体調を崩して急に働けなくなったり、会社が倒産してしまったりしても、収入源が2つあれば安心感を得ることができますので、リスク管理という面でも、共働きにはメリットがあると言えるでしょう。

会社の仕事以外でお金を稼ぐ

今の会社で仕事をする以外にも収入をアップすることはできます。それは次の2つの方法です。

●副業をする

空いた時間を活用して副業をすることで、本業以外での収入を増やすことができます。副業は収入アップだけではなく、スキルの向上や人脈作りなどにも役立ちます。副業で得た知識やノウハウを本業に活かせば、本業での収入アップを見込むことができるため、いい相乗効果が生まれるでしょう。

副業をする際には、会社の就業規則を確認する、本業の会社の不利益にならないようにする、副業に集中しすぎて本業に悪影響を与える、確定申告の方法を知っておくといった注意点がありますので、種々のことを事前にしっかりと確認をしてから行うようにしましょう。

社会人の副業に関する記事は下記よりご覧ください。
サラリーマンの副業の始め方
副業解禁!大企業が認める副業解禁の理由
会社に副業がバレないためにやるべきこと

●投資をする

最後にご紹介する収入アップの方法が投資です。株式投資や国債、FX、不動産投資など、投資には幾つかの種類があります。いずれも専門的な知識が必要なので、投資で収入アップをしたいと考える方はしっかりと勉強してから行いましょう。

また、投資はリターンも大きいですが、その分リスクも大きいものが多くあります。そのため、初めて投資をする人であれば、リターンは少ないものの、1万円ほどの小額から始めることができる国債投資から始めてみるといいかもしれません。

このように、社会人が収入をアップする方法はいくつもあります。将来のために、今の生活を豊かにするために、まずは行動を起こしてみてはいかがでしょうか。

  • Share on Google+
  • はてな

関連記事

オススメ記事