副業で笑おう

会社員や主婦、学生など、ダブルワークでお金を稼ぎたいすべての方のために。
副業情報や税金に関する知識など、お金にまつわる役立つ情報を発信していきます。

  1. 副業TOP
  2. お金を貯めるコツ
  3. お金を上手に貯める7つのコツと心構え
ARTICLE

お金を上手に貯める7つのコツと心構え

あればあるほど嬉しいお金ですが、日々の生活や趣味などに使っていると、なかなか貯まらないことも事実です。お金を貯めるには、「今の支出を見直す」ことと「実入りを増やす」の両輪をうまく回す必要があります。そのための手順とコツをお教えします。

お金を貯める手順とコツ

お金を貯めていくためにはいくつかのコツがあります。

●貯めたい金額や目的を決める

節約をする上でも、収入を増やす上でも、ただ漫然とやっていてはモチベーションを維持することは難しいでしょう。明確な目的がないと、ついつい目の前の誘惑に負けて散財してしまうかもしれません。そのため、「何のために貯金をしたいのか」「いくら貯めたいのか」「いつまでに貯めたいのか」といったように、貯めたい金額や、その目的を決めておきましょう。

●現在の収入・支出をまとめる

続いて行うべきことは現状の把握です。月々にどれだけの収入を得ていて、そのうちどれだけの金額を支出しているのか、収支を理解するのです。その際、単純に全体の金額を書き出すだけではなく、家賃や光熱費といった固定費、食費や趣味に使う流動費、冠婚葬祭などに充てる臨時費の3つに分けていくといいでしょう。お金の流れを把握し、支出の種類を区別することで、この後に紹介する支出の削減を行いやすくなります。

収支の把握は、手書きで整理する形もいいですし、エクセルなどを使ってもいいでしょう。また、最近では無料で使い勝手のいいスマートフォンアプリなども多くあるので、自分がやりやすい方法を選びましょう。

●支出を削減する

現在の収支を把握したら、その中から支出を削減していくことが貯蓄への第一歩です。とはいえ、何でもかんでも支出を削ればいいというわけではありません。あくまでも無理をせず、不要な支出を削ることを意識しましょう。

上に挙げた固定費は削減しやすいものです。例えば昨今話題の電気の切り替えや、保険料金や電話料金プランの見直しなどを行うと、場合によっては数万円の支出を削減することができます。

●支出を抑えるようにする

支出の削減と同時に実行したいのが、支出を抑制することです。例えば外食ではなく自炊をする、食材や洋服などはセール品を、家電などは中古品を購入するといった具合に、より安く上がる方法を考えるのです。

また、貯蓄が進まない原因のひとつが反射的にモノを買ってしまうことにあります。そこで、何か欲しいものがあったとしても「本当にそれが必要なのか」を考えて購入判断を下すようにしましょう。「迷ったら買わない」という癖をつけるようにすることも効果的です。

●支払い方法を見直す

普段買い物をする際、意識せずに店舗で購入する、現金で購入するという人は、その支払い方法を見直すだけでも支出を減らすことができます。

例えばクレジットカードや電子マネー買い物金額に応じてポイントが付くことが多いので、そのポイント分節約ができるようになります。同様に、ネットショップなどで買い物をすることでもポイントが発生するので、店舗で購入するよりもお得な場合があるのです。

●副業を始める

当サイトでも数々の情報をご紹介しているように、副業で収入を増やすことができます。副業はスキルアップや人脈作りなど様々なメリットがあるので、お金を貯めたい方はぜひ検討してみるといいでしょう。

当サイト、オススメの副業を以下にてランキング形式にてご案内しています。
ご参考までにご確認ください。
副業おすすめランキング

●積立をする

節約と副業以外でお金を貯める方法として有効なものが「積立定期預金」です。これは、月々の給与の中から一定の金額を天引きして貯蓄用の口座に入るようにする仕組みです。積立をしていけば、定期的に貯金が貯まることになります。

積立定期預金は銀行に行けば対応してもらえますし、会社によっては財形貯蓄という積立定期預金と同様の制度を持っているところもありますので、制度がある場合には積極的に活用しましょう。

お金を貯める際の心構え

お金を貯めるコツはご理解いただけたでしょうか? 最後に、お金を貯めていく上での心構えについて触れたいと思います。

●根を詰め過ぎない

ここまでにも何度か触れているように、お金を貯めていくには、根を詰め過ぎないようにすることが大切です。貯蓄を強く意識し過ぎると、お金を使うことにストレスを感じたり、反動で散財をしてしまったり、本当は必要な支出を渋って逆に損をしてしまうということがあります。

古来より「安物買いの銭失い」という言葉もあります。必要なところにはしっかりとお金を使う、不要なものにはお金を使わないということを意識し、無理せず、メリハリをつけて貯蓄をしていきましょう。

●家族や友人など、周囲の人と協力して節約をする

「生活を豊かにするために節約をしているのに、家族が散財をする」というようなことがあると貯蓄はうまくいきません。しっかりと家族の理解と協力を得た上でお金を貯めていきましょう。

また友人などと一緒に貯蓄をすれば、節約術に関する情報交換などもできるのでオススメです。

●定期的に金額の変化を見る

家計簿などをつけ、定期的に金額の変化を見ていくことも大切です。お金を使いすぎてしまったら、その分次の日は支出を抑えるといったことはもちろん、1ヶ月間で目標金額の節約ができたら、その分お祝いをするというようにしていけば、メリハリが付きますし、楽しく貯蓄ができるようになっていくでしょう。

  • Share on Google+
  • はてな

関連記事

オススメ記事