副業で笑おう

会社員や主婦、学生など、ダブルワークでお金を稼ぎたいすべての方のために。
副業情報や税金に関する知識など、お金にまつわる役立つ情報を発信していきます。

  1. 副業TOP
  2. 投資関連の副業
  3. コインパーキング経営を副業にするメリット
ARTICLE

コインパーキング経営を副業にするメリット

もしも空き地を持っているのなら、副業でコインパーキングを検討してみてはいかがでしょうか?自分で運営してもよいですし、専門の会社に委託してもよく、割のいい副業と言えるからです。そこで、コインパーキングがどんなビジネスなのか解説します。

コインパーキング経営の仕組み

コインパーキングとは、主に都市部のビジネス街や行楽地の近辺にある時間貸しの駐車場です。コインパーキングは副業で経営することもできます。副業的な視点で言うと、建物が不要なので初期投資費用が安くて済むというメリットがあります。

コインパーキング経営を副業にするメリット

副業としてコインパーキング運営が向いているのは、なんといっても手間を掛けずに稼げるという点です。

自分で管理する場合は若干の手間がかかりますが、後述するように完全に委託することができ、その場合はほとんど手がかからなくなります。

また初期費用が低く済むことや、他の仕事と並行して行えることなどもメリットに挙げられるでしょう。

コインパーキング経営を副業にするデメリット

コインパーキング経営に大きなデメリットはありませんが、「立地を見誤ると赤字になる可能性が高い」「自分で経営する際には手間がかかる」という2つのリスクがあります。

前者については、駐車場の需要が低い土地では赤字になるリスクがあるということです。多くの土地が余っていたり、路上駐車が常態化している場所では駐車場の需要が低いのです。

また、自分ひとりで駐車場経営をする場合、機械トラブルや清掃などの維持管理作業を自分で対応する必要があり、手間がかかってしまうのです。

コインパーキングの2つの経営方法

コインパーキングには2つの経営スタイルがあります。

●一括借り上げ

ひとつは土地を借り上げる方式です。地主がコインパーキング運営会社に土地を貸し出し、運営自体は業者が行います。そのため、維持管理やトラブル処理といった作業はコインパーキング会社に委託することができます。この形式で運営していく場合、駐車場の地主はコインパーキングが儲かっても儲からなくても、契約に従って一定の土地使用料がもらえるので非常に楽です。

コインパーキング会社にしてみれば、土地代よりも稼げれば利益になるので両者ともに得をする制度だと言えます。

●自身で運営

もうひとつが自己管理式で運営する方法です。

この方式の場合、自分の所有する土地に自分でコインパーキング関係の機材を設置し、自分で管理運営をします。得られた売上はすべて自分のものになることはメリットです。一方で、一括借上方式よりも管理運営はかかることになります。

なお、駐車場需要が高い土地の場合は、パーキング会社の営業マンが管理委託のオファーをしてくる可能性が高いので、うまく条件交渉して有利な契約を結ぶのも一つの方法です。

コインパーキングにかかる初期費用

一括借り上げ式の場合、土地の状態によっては舗装費用が必要となるケースもありますが、さほど大きな金額は掛からず、初期投資費用は極めて低く済むでしょう。

一方、自己管理式の場合は下記のような投資が必要となります。

・精算機
・アスファルト舗装
・ロック板
・白線
・看板
・監視カメラ
・照明

一概には言えませんが、販売会社のホームページによると、ロック板は1枚あたり6万5000~8万円ほど、精算機1台あたり45万円ほどになります。この価格から計算するに、6台駐車できるコインパーキングの場合、設置工事代を含むと100万円以上は必要となるでしょう。

初期投資費用だけではなく、ランニングコストとして監視カメラや照明、精算機の電気代、レシートの紙代、機械のメンテナンス費も計算にいれておく必要があります。

コインパーキング経営のポイント

一括借り上げ方式であっても、自身で運営する方式であっても、経営を成功させるためには共通したポイントがあります。

●立地選び

なんといっても重要なのは立地選びです。

都内や観光地などは確実に利用者がいるので、コインパーキングをするのにうってつけと言えます。逆に地方都市や過疎地は利用者を見込みづらいので向いていません。

自分でパーキングマシンを設置した場合は赤字のリスクがありますし、委託しようとしても現地調査で断られてしまう可能性が高いと言えます。自分が所有している土地がどれくらいの価値があるのか、地価ではなく、駐車場の利用者としての視線で見直すことが大事です。

●看板の設置

コインパーキングには目立つ看板が必要です。大手コインパーキング会社は遠くから一目で車が止められる場所だと分かる看板を用意しています。

自動車に乗りながら駐車場所を探してぐるぐる回っている時、駐車場のありかが一目で分かるようにしましょう。

腰位の高さに木の看板を設置してもなかなか目立ちませんので、背が高くて明るい看板が必要です。

●自動販売機の設置

駐車場には人が集まるので、「ついで需要」をどん欲に狙いましょう。ドライバーは運転しながら眠気覚ましのコーヒーを飲んだり、乾燥対策でお茶を飲むので、駐車場から出る時にドリンクの需要が発生します。

自動販売機は飲料会社に委託できるので、駐車場の精算所の隣や駐車場入り口の道路沿いに自販機を設置することをおすすめします。

  • Share on Google+
  • はてな

関連記事

オススメ記事