副業で笑おう

会社員や主婦、学生など、ダブルワークでお金を稼ぎたいすべての方のために。
副業情報や税金に関する知識など、お金にまつわる役立つ情報を発信していきます。

  1. 副業TOP
  2. 副業の始め方
  3. 育休中に副業は可能?バレないように副業を行う方法
ARTICLE

育休中に副業は可能?バレないように副業を行う方法

2019/03/12
育休中には、在職時の給料の一部がもらえる育児休業給付金という制度があります。働かなくても給料の一部が支給されるのはありがたいですが、育児には多くの費用がかかるので、もう少ししっかりと収入を得たいと考える方も多いでしょう。そこでおすすめなのが副業ですが、「育休中に副業をしてもいいの?」と考える方も多いでしょう。今回の記事ではそんな疑問にお答えします。

育児休業中に副業は可能?

まずは育児休業中に支給される「育児休業給付金」について見ていきましょう。これは、雇用保険の被保険者が一歳未満の子を養育するために育児休業を取得した場合に支給されるお金のことです。

・1歳未満の子どもがいること。
・雇用保険に加入していること。
・育児休暇取得前の2年の間、1ヵ月の就業日数が11日以上ある月が12ヵ月以上ある
・育児休暇期間中、1ヵ月ごとに、休暇開始前の1ヵ月当たりの賃金の8割以上が支払われていないこと。
・育児休暇中の各月の就業日数が10日以下であること。

またこの育児休業給付金の支給額は、育児休暇開始から半年間は「月給の67%」、半年以降は「月給の50%」と定められています。

ではこの育児休業給付金をもらっている間、副業をすることは可能なのでしょうか? 実は、「月の就業時間が80時間以下」といったような条件を守れば、育児休業給付金を受けながら別に収入を得ることは可能なのです。

バレないように副業を行う方法

育児休業給付金をもらいながら副業をできるとはいえ、ひとつ注意をしておきたいのが勤め先の会社が副業を禁止している場合です。その場合には勤め先に副業がバレないように工夫することが必要です。そのためのポイントを紹介します。

●育児休業給付金の受給条件を守る

月の就業時間が80時間を超えると育児休業給付金は支給されなくなります。そうすると勤め先にも副業をしていることがバレてしまうため、受給条件は必ず守るようにしましょう。

●副業していることを人に話さない

副業をしていることはできるだけ他人に話さないようにすべきでしょう。どこでどんな噂が広まるかコントロールできないので、思わぬところから勤め先の会社に副業がバレてしまうこともあるのです。

そのため、SNSなどに副業を書くこともやめたほうがいいでしょう。

●収入は20万以下に抑える

副業による収入を年間20万円以内に抑えることも重要です。年間20万円以上の副業収入を得てしまうと確定申告が必要になります。確定申告をすると、所得税や住民税など様々な税金に反映されるので、会社側にもバレてしまうのです。

20万円というと少なく感じるかもしれませんが、おむつや衣類など、子育てにかかる費用をまかなうことは可能ですので、欲張らずにリスクを避けることを優先しましょう。

●副業選びは慎重に

副業には様々な種類があります。アルバイトやパートといった形で雇われるのも副業ですが、会社に籍を置いたまま他で雇用されるのは会社の規約上、違反となる可能性があります。そこで、会社にバレないような副業をすべきでしょう。そもそも子どもを家に置いて働きに出ること自体が難しいですから、在宅で働けて、時間に縛られないビジネスをする事をおすすめめします。

候補としてはいくつかあるので下記に紹介します。

・アフィリエイトビジネス
ブログや商品紹介サイトを作成して広告収入を得る方法です。初期投資費用が安く、参入者が多いため情報もたくさんあります。

・転売・オークション
ヤフオクやメルカリ、ラクマを使って、限定商品などを仕入れて売る事で利ザヤを稼ぐ事が出来ます。ただし、最初から転売目的で商品仕入れを行うのは止めましょう。

まずは慣れるために、家にある不用品を売ってみるところから始めることをおすすめします。

・クラウドワーキングサービス
ランサーズやクラウドワークス、シュフティといったインターネット上で在宅ワークが出来るサービスがあります。登録は無料なので、まずはアカウントを作って作業内容をチェックの上、自分でもできそうな案件に挑戦してみましょう。数百円、数千円でも稼げると励みになります。

・ポイントサイト
各種ポイントサイトアプリをインストールして地道に作業することで、少額ではありますが稼ぐことができます。

・投資関係
株式取引や外貨取引(FX)も、在宅で時間に縛られず行える副業です。

ただし、投資した金額を失うリスクもあり、かけた労力に見合った収入が必ず入るわけではないので、注意して下さい。信用取引など、無謀なトレードをしなければ、大きく損をする事はないはずです。

以上のように、育休中であっても稼ぐ方法はたくさんあります。自分に合った副業を試してみましょう。

育児は24時間ワークなので、まとまった時間が取れないかわりに、細切れの時間なら沢山あります。復職後も続けられる副業を覚えておくと後々まで稼ぎ続けられるのでコスパがいいですよ。

  • Share on Google+
  • はてな

関連記事

オススメ記事