副業で笑おう

会社員や主婦、学生など、ダブルワークでお金を稼ぎたいすべての方のために。
副業情報や税金に関する知識など、お金にまつわる役立つ情報を発信していきます。

  1. 副業TOP
  2. 変わった副業
  3. 痩せて稼げる一石二鳥の副業!ダイエットモニター
ARTICLE

痩せて稼げる一石二鳥の副業!ダイエットモニター

太古の昔から人類は美と財を追い求めてきました。それは21世紀においても変わりません。だからこそ、お金を稼ぎながら痩せたいという贅沢な望みを持つ方も多いのではないでしょうか。そんな願いを叶える「ダイエットモニター」という副業について紹介します。

ダイエットモニターとは

ダイエットモニターとは、サプリやダイエットフード、ダイエットグッズを利用することで起きた体の変化をクライアントに報告する事で報酬を得る副業です。

モニター対象となる主な商品は下記のようなものです。

・青汁
・スムージー
・健康茶
・酵素ドリンク
・ゼリー
・低カロリー食品
・ロカボ食品(糖質制限食)
・乳酸菌飲料
・乳酸菌サプリ
・ビタミンサプリ
・ダイエットサプリ
・酵母タブレット
・痩身クリーム
・痩身シャツ

このダイエットモニターとよく似た副業として、エステモニターというものがあります。エステモニターは、健康食品やグッズではなく、美容サロンを利用したことで起きた体の変化を報告するのですが、写真撮影やインタビューを伴い、サロンの広告塔を兼ねることがあります。また無料で高額なエステを受けられるので、条件によっては希望者が多く、倍率が跳ね上がります。美容サロンの場合は誰でもよいわけではなく、できるだけ体の変化が分かりやすく、リバウンドなどもせず、肌がきれいで、程よく美人というハードルがあります。

また、体験エステというシステムもあります。こちらはエステを無料、あるいは格安で体験するというもので、多くのエステで募集しています。ただし体験エステは、特定の箇所だけを施術して続きを促すなど、エステ側が利用者に売り込みをすることが主たる目的の傾向にあります。

このように、ダイエットや美容に関する副業は、最終的に対価を得られるかどうかがわからないこともあるので、気になる案件があったら必ず詳細を理解してから行うようにしましょう。

ダイエットモニターのメリット

副業としてダイエットモニターをするメリットは、そのものズバリ、報酬とダイエットを両立できる点です。

モニターとして特定のダイエット食品やサプリを購入して服用し、事前に定められた報告書等を提出することで、商品代金+謝礼がもらえます。また、特別な条件がない限り、商品が自宅に送られてくるので在宅で取り組めるのです。

副業の観点から考えると、出勤の必要がなく、時間に縛られない点も理想的だといえるでしょう。

ダイエットモニターのデメリット

ダイエットモニターを行う上で最も大変なのは、利益が出る案件が非常に少ない点です。

例えば、5000円のサプリのダイエットモニター案件で、商品代金の30%(1500円)で購入して得られる報酬が1000円だったとします。商品代金から報酬を引くとマイナス500円となり、実質的には赤字となります。

また、3000円の商品の商品代金の500%(1万5000円)が報酬という案件があっても、定期購入で6回以上が条件、というケースもあります。つまり3000円の商品を6回買わなければならず、合計1万8000円の出費に対して得られる報酬は1万5000円となるので3000円の赤字となります。

このように実質的な報酬が赤字になる案件が大半を占め、純粋に黒字になる案件は非常に少ないのです。

もちろん、高額なダイエットフードやグッズを格安で手に入れるための手段としてダイエットモニターに参加する場合は問題ありませんが、しっかりと利益を出したい方にとってはあまりおすすめできません。

ダイエットモニターを行う前の注意点

その他にもダイエットモニターという副業には注意が必要です。

案件の報酬額と実際の条件を厳密にチェックする手間を省いてはいけませんし、モニターという名目で売り込みをかけてくる例が多いです。

さらに、中には悪質な商法を展開している業者も存在します。ダイエットフードを購入するくらいであれば、被害額は少額で済みますが、ダイエットプログラム等の高額案件が対象になると数十万~数百万円の損失が出てしまうこともあります。したがって、モニター契約をする際には契約書を吟味しなくてはなりません。

騙されないようにするコツとしては契約書の付帯事項を特に注意して読むことです。付帯事項とは、ある主となる条件(物事)に対して、伴う形でついてくる条件の事です。

前述の例で解説すると、商品代金の500%を報酬として支払います、というのが主たる条件にあたります。これに対して6ヵ月以上の定期購入が報酬支払いの条件です、というのが付帯事項です。大抵は書類や説明ページの端に小さく書いてあります。主たる条件が華やかで非常に好ましいため、付帯事項を確認せずサインをしてしまい、後から違和感に気づいて連絡すると付帯事項を指摘されて問題が顕在化するというわけです。

この例の付帯事項は単に報酬を払わない、というだけなのでまだ優しいものですが、悪徳商法になると、何があっても途中解約ができない、止めたら違約金を払うといった文言が含まれている事もあります。

ダイエットモニター案件の中にはこうした悪質なものが混ざっていることもあるので、しっかりと注意しなくてはなりません。

また、継続期間が6か月など長期にわたる場合は、計算上黒字になる案件でも時給換算したら相当に安くなります。途中で挫折した場合は報酬が得られないので、単に長期間健康食品を買っただけ、という結果に終わる事もありえます。

もちろん、ダイエットモニターに限らず、様々なビジネスでこのような落とし穴がありますが、副業として取り組む上であまりにも都合が良すぎる条件を目にしたら、まずは疑ってください。

さらに案件自体に問題がなく、実際に収益が出るような完璧なものであっても、ダイエットモニターという副業が理想的な条件を備えているがゆえに起こる構造的な問題があります。それは、太っていないと続けられない、という事です。ダイエットと報酬という一石二鳥を見事に達成し、痩せてしまったら再びダイエットモニターをすることはできないのです。

最高の案件に参加することが、ダイエットモニターの終わりを意味するのは皮肉なことですが、ダイエットを達成するために挑戦するのも良いでしょう。案件リサーチを十分に行って美と財を手に入れてください。

  • Share on Google+
  • はてな

関連記事

オススメ記事